エアラインスクール未来塾|東京  恵比寿

合格率と実績で選ばれているエアラインスクール(女性限定)

 

0000448573.jpg

未来塾について ≫ CA、GS合格法ブログ

CA、GS合格法ブログ  

面接で見えて来るもの

0000518899.jpg

おはようございます!

 

 

CA,GS 合格請負人の上野博美です!

 

 

昨日も、マンツーマンレッスン、授業、面談、レッスン、と

続きました

JALスカイ、一次試験お疲れ様でした!

さすがに多くの方々が受験されていますね

実務能力系の試験だったようですが、結果も早く、次の試験までの

期間も短いです

ぜひ、次の試験の対策を始めて置かれることをお勧めいたします

(マンツーマンレッスン受付中です)

 

 

また昨日面談にいらした方は、昨年のJAL既卒のセミナーを

受講された方でした

久しぶりにお会いしてみると、とても大人っぽくなられ、落ち着きも

増していらっしゃいました

 

こうして、再度お越しいただくのは本当に嬉しいです

 

現職にも満足されていて、その上で C Aを受ける決断をするのは、

時間がかあったようですが、「死ぬときに後悔したくない」と

言われていました

 

自分お人生は自分で決めるものです

自分の人生の価値は、自分にしかわからないものです

 

この仕事は、生徒さんの人生を背負っている仕事だといつも

思っています

客室乗務員は、お客様の安全を守る仕事

エアラインスクールの先生は、生徒さんの人生を背負う仕事

 

 

どちらも責任はとても重いですが、だからこそ私は飽きずに

やっているのだと思います

これからも生徒さんと一緒に頑張って結果を出していきたいです!

 

今日のオープンスクールでお会いする皆様にも、合格に必要なことを

お伝えしていきたいと思います!

どうぞよろしくお願いいたします1

 

 

 

 

「面接で見えてくるもの」

 

 

 

1.適性

 

2.能力

 

3.性格

 

4.人間力

 

 

 

最近よく質問をされたり、生徒さんたちにもお話ししていることを

お伝えしています

 

 

面接指導、模擬面接を27年にわたってやってきた経験から言えることです

 

その間、面接官の方々から、いろんなお話を伺い(ブログでは書けない

ことも含めて)その上で、多くの学生、社会人の人たちを見てきました

 

 

模擬面接を行った回数を数えたことはないのですが、

模擬面接の回数は、ざっと見積もって15000回、

面接をした人の数は、ざっと見積もって延べ20000人を超えています

病院での職員採用の面接官や、企業での面接も行った事があります

 

 

そこで見えてくるものが、上記の4つです

 

 

エアライン希望の方々に模擬面接をしている回数が最も多いですが、

一般企業希望、公務員希望、教員志望、専門職希望(看護師、保育士、

栄養士)の方々にも面接指導をきました

 

 

一般企業志望の方々は、様々な業種を受けている人もいる中で、

「この人はこの仕事に向いている」と分かる瞬間も多くあります

 

 

その中でも「人間性」「人間力」と言う部分が最も強烈に見え、

採用の合否に関わる部分だと言う事が、この仕事を始めて、10年経ったころに見えてきました

 

 

適性でも、性格でも、能力でもなく、「人間性」「人間力」である、と・・・

 

 

つまり

 

人間力が、適性、性格、能力、を超えるのです

 

 

これは、「新卒」の特徴だと思います

 

ただ、エアラインへ転職希望の、既卒の方々にも似た部分があります

 

既卒の方には、人間力プラス今までの仕事で培った能力、を

求められます

 

 

では、「人間力」「人間性」ってどうやって養い、どうすれば認めて

頂けるのか・・・

 

 

「当たり前のことが、いつも当たり前にできている」(習慣)

 

「相手のことを考えて行動出来ている」(思いやり。感謝)

 

「当たり前より少し上のレベルをいつも心がけている」(向上心)

 

 

 

だな、と思います

 

 

時間を守る、ルールを守る、それもいつも。

 

あいさつをする、それもいつも。

 

 

 

メール、電話、会って話しているとき、人と一緒に行動する時に

相手のことを考えて行動できている。

(これは、返信を必ずする、やメールのマナー、文面からもわかります)

 

 

今日よりも明日の方が、自分ができない事ができるように

なっていたり、分からない事が分かるようになっている、ことを

目標に過ごしているし、実際にできている。

 

わずか10分程度の面接時間で、その人のことがこれほど

見えてくるのです

 

ベテランの面接官を、甘く見ない方がいいです(笑)

 

 

そして、もう一つ大事なことは

 

「人間力が最も大事だけど、最も身に就くのに時間がかかる」

 

と言う事です

 

 

日々の積み重ね、日々の過ごし方で身に就く人間力

 

集中して、1か月だけやっても、身に就くわけではありません

そして、この人間力を身につけるために必要なのが

「正しい考え方」です

 

 

「失敗したくないから、人がやっているのを見てからやろう」

 

「失敗したことは、全て忘れて、なかったことにしよう」

 

「自分を中心に世界は回っている」

 

「今まで自分がある程度幸せな人生を送ってこられたのは、

ほとんど私が頑張ったからだ」

 

「私は誰よりも頑張ってるから、絶対に受かるはず」

 

「なんとかなる」

 

 

 

これらの考え方が、全て間違っています

 

 

考え方と言うのはありとあらゆる場面で、その人の行動を

左右します

 

 

私は、面接指導する際に、面接質問に答えていただいた後、

生徒さんの答えにダメ出しをするだけではなく、

「どうしてそのような答えになったのか」を聞きます

 

 

当然この時点で

「面接官がこのような答えを望むと思ったから」と言う、

浅はかな考えは、通用しません

 

 

『とりあえず頭に浮かんだ答えを言ってみた』

 

と言うと、「なぜ、どこからその考えが浮かんできたのか」を

聞いてみます

 

 

つまり・・・

 

 

一つ一つの答えに対してその人の考え方を聞いているのです

 

航空業界が求めている「考え方」があります

 

仕事をする上で求められる「考え方」があります

 

この土台をしっかりと作らなければ、「どんな質問にも答えられ」

「どんな状況でも人間力を発揮できる事」にはなりません

 

 

 

もちろん、面接で見えるものは、人間力だけでもありませんから、

(上記に書いた通りです)

それ以外の部分もアドバイス、指導していきます

 

 

ここまでの指導は、おそらく私しかできないと思っています

それができるのは私が、面接指導が「好き」だからです

 

 

 

100倍もの競争率の中、大学名等関係なく合格させて

いくためには、この位自分を高めていかないと、難しいです

 

 

毎年90%から100%の合格率を維持し続けるのは、

生徒さん自身も大変ですよ、こうした事にしっかりついてきて

もらう必要がありますから・・・

 

 

それでも、生徒さん達の「どうしても合格したい」と言う気持ちに

こたえたいと思って、日々授業をしています

 

 

面接で何を言うか、だけを追求してきた人で、不合格になっている

人は世の中とても多いです

 

それは、これら「面接で見えて来るもの」を理解した上で、日々の

生き方、を見直していないからだと思います

 

 

面接は「総合評価」であり、「人間力が見えるもの」

です

 

私は生徒さんと一緒に走り続ける「コーチ」だと思っています

 

 

今日1日が充実した1日でありますように・・・

 

私はお仕事、頑張ります

 

 

CA,GS合格請負人

 

上野  博美

 

 

 

コメント


上野 博美
CA,GS合格請負人、エアラインスクール未来塾代表
1996年に未来塾を設立 CA,GS合格請負人 エアラインスクール未来塾代表 元日本エアシステム(現在日本航空)客室乗務員として 約7年間のフライト後、エアラインスクール講師を経て、 1996年にエアラインスクール未来塾を開校 エアラインスクール講師歴26年目を迎える

お問い合わせはこちら

モバイルサイト

エアラインスクール未来塾モバイルサイトQRコード

エアラインスクール未来塾モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 受講生・卒業生の声
  • よくあるご質問
  • 上野博美のFly into the future
  • アメブロ
  • LINE banner
  • 旅行2_ホワイト