エアラインスクール未来塾|東京  恵比寿

CA,GSの夢を絶対に実現したい方のためのエアラインスクール

 

0000448573.jpg

未来塾について ≫ CA、GS合格法ブログ

CA、GS合格法ブログ  

客室乗務員の経験が全て生きていると実感した1日 最終回

0000521777.jpg

おはようございます!

 

 CA, GS合格請負人の上野博美です!

 

 

昨日の最後の授業は、オンラインで他県のかた、大学三年生の方との

マンツーマンレッスンでした

 

他のエアラインスクールに通いながらも、こうしてレッスンを受ける

方々もいらっしゃいます

 

私は、どこのエアラインスクールに行かれていても、全く気になりません

ただ、その方が強化されたい部分を強化することができれば、と

思っているだけです

 

たった一時間ではありますが、「想定面接」を行い、その後自己PRや、志望動機、学生時代に頑張ったこと、の補強、再編集を行いました

 

さらに、面接中に見えてきた、この方の問題点、性格面で気になる点、などをお伝えしたところ、「そのものズバリだった」そうです

 

それだけ、面接というのはその人が語ることだけではない部分が見えてくるということです
(エアライン面接官は、このように見ています)

 

 

性格、能力、適性、の3つがバランスが良いことと、

どうしても欠けてはならないものがあります

それをお伝えして終了しました

 

 

早速メールをくださり、定期的に受講を希望されています

現在足りない点を把握し、それを補強する・・・

勇気がいることではありますが、大事なことです

 

いつも言いますが、「模擬試験を受けずに、合格判定を受けずに

受験する人はいない」のと同じです

 

現在のあなたの合格判定を受けるためにも、マンツーマンレッスンを

ご活用ください

 

1月1日のお年玉プレゼントでは、マンツーマンレッスンにも使える

1,000円引き、500円引きクーポン券が当たるチャンスを

お知らせします

LINE読者限定ですので、まだ登録されていない方は、
 

 

こちらからご登録くださいね

 

 

さて、昨日の続きです

 

「客室乗務員の経験が全て生きていたと実感した1日 最終回」

 

 

インターナショナルで、素晴らしいおもてなしのホテルに大満足で一泊

翌朝、6時ごろ朝日を求めてスパへ・・・

 

まだ夜明け前でしたが、ほとんど人はおらずのんびりと湯船に浸かっていました

 

そこへ、親子連れが来られました

女の子2人と、お母さん 女の子達は、小学生前後

 

 

「おはようございます」と挨拶をされたお母さんに「おはようございます」と返すと、そこから話が始まりました

 

 

アメリカロサンゼルス在住で、京都へ帰省のため昨日成田空港に到着

(さすが、インターナショナルシテイ)

 

少しゆっくりとしたいと思い、ホテルを予約して大きなお風呂に入ることを目的に来られた日本の方でした

 

7年ぶりくらいに帰省をされるため、随分変わったことを知らないようで、そんな世間話となりました

 

 

さらに、お子さんたちがお風呂でふざけて暴れると、お母さんはちゃんと怒ってしつけをされているのですが、子供たちは聞かない、、、、

きっと私はいつも怒ってばかりで、怖い顔になってしまっているのではないか。。。というようなお話が出て来ました

 

 

ふとしたことから、私は自分の子育ての話をしました
大声で怒っても子供は聞いてない、と

いう音にある時気づき、それからは怒るときは静かに、正座を

させて怒っていた

こちらの言ったことを「お母さんはなんと言ったか、言ってごらん」と

言って、ちゃんと聞いているかどうかを確認していた、ということです

 

 

するとお世辞もあると思いますが、「育児書などには書いていない貴重なお話をしてもらって・・・」と言われました

(人がこまっていると、つい自分ができることをお伝えする性質が
出ています「大変ですねー」とかいう、表面的な言葉では
終わりたくないのですね、きっと)

 

やがて子供達がタオルを湯船につけ始めたので、「タオルをこうして頭に巻くといいよ」と話しかけました

すると、子供はタオルを絞ることができません

確かに、今は雑巾絞りをしないので、硬く濡れタオルを絞ることできない人が増えていると聞いています

 

そこで、「こうするんだよー」と言って、少しやってみせてその後子供自身にやらせて見ました

 

 

そして頭にタオルを巻いてあげ、「かわいいー」というと、嬉しそうにし、もう一人の女の子、妹も「私もやって」と言い始めました
(この点、子供の「負けず嫌い」や「素直さ」にピタッとはまったようです)


 

その後朝食に行くという話をしていたら、「私たちの隣に来てもいいよ」と子供が誘って来るんです!
(かわいいですよね・・・)

 

すっかり懐かれていました

 

これも、CA時代にお子さんたちのお世話で、一緒に遊ぶ、一緒に何かをして、子供から信頼されれば、こちらのいうこともちゃんと聞いてくれる、ということを経験を何度もしていますし、私自身子育て経験もあり、子供の注目を引くことができたのだと思います

 

その後、朝食レストランでも一緒になり、一人の女の子とは、

なんと私の席に来て、ずーっとお話をするのです

 

(日本語と英語の両方をミックスして話すので、わかりにくい部分もあるのですが、バイリンガルのお子さんにはよくあることですし、一生懸命話しているのでうん、うん、と相槌を打ちながら聞いていました

お母さんもやって来て
「すみません 言葉がわかりづらかったのではないですか
どうしても、ミックスしてしまって・・・」と言われましたが、
卒業生でハワイに住んでいる人の家におじゃましたとき、
4歳の女の子の話し方と似ていたので、
「バイリンガルのお子さんは、どうしても小さい頃は
そう見たいですね でも、そのうちにちゃんと使い分けができるように
なるらしいですよ」と、伝えられました

(経験していることは無駄ではない、無駄にしてはいけない、と思います)

 

そして最後は、二人の女の子たちとハグをして別れました
きっと今頃は京都のおじいちゃん、おばあちゃんのところで
いっぱい日本をたのしんでいることでしょう

 

お互いに、名前も聞かず名乗らず、通りすがりの旅人たちですが、

こうした「非日常」が味わえるのも、「非日常」へ出かけたから・・・

 

そして、相手の話を聞いて、会話が弾むように話したから・・・

 

客室乗務員時代の経験と、さらに子育て、生徒さんたちを育てる経験、

そして生きて来た全てが役に立つことに嬉しさと、「人の役に立つことができる」ことの嬉しさは、

客室乗務員をやめた今でもずっと変わらないんだな、と思いました



ここで、皆さんは「いや、上野さんはコミュニケーション能力があるから」と思っている方も多いかもしれませんね

実は、私 CAになる前までは、初対面の人とお話をするのは、本当に苦手でした

ある程度仲良くなると、どんどんお話ができるのですが、
初対面の人には自分から話しかけたことはほとんどありません
警戒心が強いんだ、と自分ではその頃思っていました

しかし、客室乗務員になったことで、こちらから話しかけなければ
ならない
それも、一人一人のお客様に合わせた会話ができなければならない
仕事だったのです


では、どうやってそれができるようになったのか?
はっきり言って

「真似」です

先輩方がお客様とお話ししているのを、通路を通りながら
必死で聞いていました


どんな会話を
どんなお客様に
どんな話しかけ方、きっかけで

これらを徹底して聞いていたのです
そして、即実行
似たタイプのお客様がいらっしゃれば、窓の方を見ていたら
「今、下にご覧いただけるのは(場所)ですよ」
と言って声をかける

老夫婦でいらっしゃれば、
「本日はご旅行ですか」
と声をおかけする

そう、全て先輩方から学んで来ました
相槌の打ち方も、返答の仕方も、です
こうして初対面の方とお話しすることができるように
なったのです
(今では、私が人見知りの性格、と言っても誰も信じてくれません(笑))


 

困っている人がいたら、声をかける

話しかけられたら、会話が弾むようにする

自分が知っていることは、なんでも教えてあげたい気持ち

 

 

ホテルにお客という立場で行きましたが、人は自分の生き方が今の自分を作り、その今の自分に合う人が集まってくる、とつくづく思いました

 

 

そう、今日の過ごし方で10年後が決まる

経験して来たことは一つも無駄ではないし、無駄にしてはいけない

困っている人に何かできることがあれば、すぐにやる

 

 

そんな自分の行動を確認した出来事でした

 

 

旅とは言えないくらいの旅でしたが、十分にリフレッシュできましたし、もう一度行きたい、とすでに思っていますので、その時にはまた別の出会いが待っていることと思うと、今から楽しみです


出会いは、偶然ではなく必然
目の前で起こっているこことも、偶然ではなく必然
この二日間でそれを痛感しています

 

 

さて、今年も残り2日

今日から少し観光して来ます(近場ですが)

 

明日も変わらずブログをお届けいたします

 

 

C A,GS合格請負人

 

上野 博美

 
2017年12月30日 09:03 |コメント|

客室乗務員の経験が全てに生きていると実感した一日

0000521775.jpg

こんにちは!

 

CA,GS合格請負人の上野博美です

 

今日のマンツーマンレッスンを最後に、年内の表向き仕事は終了です

ただ、私自身好きな時に気になった仕事はする、というスタイルはずっと続けているので、「仕事納め」はありません

 

(そんなにずーっと仕事をしていたら、頭が切り替えられない、と

いう人もいますが、私にとって仕事はライフワークなので、

全くなんの問題もありません わかる人にはわかる、のでいいのです)

 

今年も大変お世話になった皆様が、たくさんいらっしゃいます

本当にありがとうございました

 

何と言っても、わがままで、自由奔放の私のことを応援してくださり、

支えてくださった皆様がいらっしゃることに、感動し、感謝しております

2017年は東京への移転を実現し、動き回った後半でしたが、

自分が好きなことだけに集中し、自分でなくても良いだろうなと思う仕事は他の方々にお願いをし、私は自分の新たな人生をスタートしたように思います

 

自分の心の違和感を信じて、大事にしてよかったと心から思います

本当にお世話になりました

ブログは一日も休まず更新してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします

 

 

さて、ここからは昨日からの一日についてまとめましたので、

エアライン受験希望の方へのノウハウ記事では全くありません

ただ、客室乗務員をしていたからこそ体験できたことだったな、と

思うことの連続の一日でした 長くなるので2日間に分けてお届けします

全て実体験ですので、興味のある方はご覧くださいね

 

 

 

人は、日常から離れるとアンテナが鋭くなり、

余裕ができ、新たな出会いがあり、そこからまた気づくことがある

 

遊びと仕事を一体化する、というのはこういうことなんだろうな、と

実感した一日でした

 

「客室乗務員経験が全てに生きていると感じた一日 その1」

 

 

昨日、午前中仕事を済ませ、午後から

「非日常」へ「エスケープ」

 

 

いや、別に嫌な仕事はほとんどしていないので、

仕事から逃げているわけではありませんが、普段の決まった場所、

決まった家、決まった景色を変えようと、予約していたのが

都内の某ホテル

 

 

ここは、天然温泉ではありませんが、「スパ」それも「天空のスパ」が

あり、露天風呂では六本木ヒルズと、東京タワーが見える。。。

上を見れば、月が見える!!!!!

 

 

そんなホテルへ一泊してきました

 

夜にゆっくりお風呂に入り、朝も朝日が登る前にスパへいき、ゆっくりとお風呂に入り。。。

夢のような一日でした!

ここの会員になってずいぶん経ちますが、会員にはビールをくれたり

チェックアウトの際に、次回宿泊の際の2,000円割引券をもらったり。。。

至れり尽くせりです

価格はビジネスホテル並みです

 

どこのホテルか知りたい方は、個人的にメッセージくださいね

(あまり知られたくはないですが、、、)

 

 

さて、ここは都内でも外国人が多く住む街

アジア系だけではなく、コンビニでも白人の方も多い

世界中からの人が集まっている街です

 

それゆえ、このホテルのフロントスタッフには日本人がいません!

中国、アメリカ、韓国、ネパールなどのスタッフばかりが働いています

これを読むと「えー、コンビニと一緒じゃない」と思ったかもしれません

 

しかし、驚くことに

「日本人スタッフよりずっと日本人らしい接客と、サービスを提供する」のです!!!!!

 

(サービスに一応うるさい、この私がいうのですから、皆さんもきっとそう思うと思います)

 

到着した際にチェックインを担当してくれたのは、中国系の男性スタッフ 年齢25歳くらい

まず低姿勢

丁寧

朝食券をもらっていなかったので、聞くと「大変失礼いたしました」と言って、

渡してくれる・・・

さらに横にいたアフリカ系アメリカ人っぽい女性は、
会員特典である飲み物の
プレゼントを用意してくれる

 

なんと素晴らしい、チームワーク!

普通のビジネスホテルと同じくらいの料金のホテルですが、完成して2ヶ月あまりのため、施設も綺麗、且つスタッフも素晴らしい

 

なんだか良いホテルに来たなーと期待感ワクワクでした

 

 

実はこのホテル全国にあるため、私はもともと福岡で2、3回宿泊したことがあります

ただ、この都内のホテルは初めてだったので、期待と不安が半々でした

 

客室は、会員だからなのか、最上階の部屋を用意してくださり、

窓からは正面に六本木ヒルズ、右手に東京タワー、という最高のロケーション!

東京タワーを見ながら眠ることができました

 

娘と一緒に行ったのですが、ベッドはキングサイズ

大人3人でも眠れそうです

ペットボトルもサービス

ビールの代わりに、カクテル酎ハイもサービス(希望できます)

アメ二テイは、全て化粧品メーカーのもの

浴衣ではなく、シルクっぽい生地のパジャマ

スパへはこのパジャマでいけます

 

夜スパに行った時のことです

最初は誰もいませんでしたが、その内に外国人の親子が来ました

日本のお風呂の入り方に少々慣れていないのか、掲示してある注意事項をちらほらと見ていました

 

 

私はこうした困っている様子の人を見ると、やはり放っておけないようです

こちらから声をかけました

May I help you?」

 

と・・・

 

するとタオルの場所、ロッカーの使い方、さらに水着をきて入ろうとしたお嬢さんにも水着はきては入れませんよ、と伝えました

 

 

英語を勉強していてよかったと思う瞬間です

 

 

その後コンビニに行っても、外国人のスタッフに、外国人のお客さん

まるで、日本ではなく海外にいる気分でした!

 

 

まさに「非日常」「脱・ルーテイン」です

それも都内で、それを体験できるのです

海外まで行かなくても、十分にインターナショナルな、グローバルな雰囲気を味わうことができる、とわかりました

 

 

客室乗務員経験が生きていると感じた一日めは、

*美味しいお店を見つけられるスキル

*英語を話せる

*英語を話すことにためらいがない

*困っている人がいると手伝いたくなる

 

を感じました

 

 

 

そして、翌日もとても面白い出来事が待っていました

 

なんでも百聞は一見にしかず

自分で体験して見て初めてわかります

私は、そういう意味では「体験派」ですね

 

明日も続きをお届けします

 

 

CA,GS合格請負人

 

上野 博美

 

2017年12月29日 14:33 |コメント|

多客期に先輩から言われた言葉

0000516085.jpeg

おはようございます!


CA
GS合格請負人の上野博美です

 

 

昨日は、久しぶりにお会いする皆さんにお会いしてきました

 

ランチと、お茶で、、、

 

帝国ホテルには、本当に久しぶりに行ってきました!

やはり、日本系の老舗ホテルは、重厚感があります

サービスには、?と思う点もありましたが、お茶は

美味しかったです

 

 

熱を出して休んでいる生徒さんもいらっしゃいます

急に寒くなってきました

皆さま体調にはお気を付けくださいね

 

 

「多客期に先輩に言われた言葉」

 

 

私がCAだった時のことです

 

初めての繁忙期、年末年始だったと思います

全てが満席、満席・・・

 

さらに、普段飛行機に乗り慣れていない人たちがほとんど、という状況

 

赤ちゃんが泣く

 

お子さんが走り回る

 

お客様がお手洗いを汚す

 

ひとり旅のお子さんが泣き出す

 

 

 

普段ビジネスマンばかりのフライトに慣れていた私にとっては、

驚くことばかりでした

 

もちろん、トレーニングは受けていますが、そこに「時間のプレッシャー」が

かかります

 

それでなくてもまだ仕事が一人前ではなく

仕事のスピードも決して早くなく

先輩に時々怒られていた時、です

 

 

お客様の数が多い、ということはそれだけで全てにおいて

時間がかかるということです

 

乗り慣れていない方々には、さらに手間がかかるということです

 

「もう、なんでこんなにたくさん人が乗ってくるの1」

と心の中で叫んでも、決してお客様の数は減りません

 

会社の利益になっていることはわかりますが、余裕もなく、

時間がなく、焦ってばかりで、普段しないようなミスを連発していました

 

 

さらに、慌てるとお客様に「丁寧にものを渡す」ことさえできなくなります

失敗し、焦って仕事をしていた私に、先輩が言いました

 

 

「焦って仕事をしても、落ち着いて普段通り仕事をしても、

5秒と変わらないんだから」と・・・

 

 

確かに、そうです

焦っても、5秒縮めることはできません

それならば、焦らず、的確に、ミスせず仕事をした方がずっと

時間短縮になる

 

 

それを私に教えたかったのだと思います

 

 

人は、普段と違う状況になると焦ります 慌てます

でも、実はやるべきことを確認し、一つ一つしっかりと、

手際よくやれば、それでいいのです

 

 

面接も同じです

普段想定していないことを聞かれても、結局は面接官の質問に

しっかりと向き合い、誠意を持って答えていけばよいだけです

 

 

焦りは禁物

 

先輩たちの凄さ、を今でも私は感じています

 

「ゆとり、さとり世代を上手に育てるセミナー」
開催します

生徒、部下、後輩指導で悩んでいる方におすすめです
この方法だったら、若者も育ちます
すでに、部下指導をされている方からもお申し込みを
いただいております

「ゆとり、さとり世代の心のシャッターを閉めさせない
上手に育てる技術セミナー」


 

CA, GS合格請負人

 

上野 博美

 
2017年12月28日 08:55 |コメント|

こんな人が合格します 15

旅行7_ホワイト

おはようございます!

 

CA,GS合格請負人の上野博美です

 

 

昨日は、マンツーマンレッスンそして「エアライン受験に必要不可欠な基礎知識セミナー」でした

私は、このセミナーを10月に初めて開催しましたが、その時からこのセミナーには大変思い入れが

あります

 

というのも、「ブログやLINEでは書いていないけど、ものすごーく大事なマル秘情報を

いっぱい入れたセミナーだから」です

 

 

航空会社の面接官が何を考え、なぜこんな質問をするのか、ということを徹底して

お話しているセミナーです

本当に、このセミナーを受けずに受験に行くことはとても勿体無いことだと思っています

というより、「勘違いをして落ちる」人が多いと思うからです

 

そこで第2回目を昨日開催しました

考えて見ると、秋、冬、と開催したので、今後も1シーズンに1回は開催していきたいと

思っています

次回は、春ですね 3月か4月に開催しようと思います

どうぞお楽しみに。。。

 

参加された方々からのご感想をお伝えしますね

*****************************

 

本当に今日のこのセミナーに来るまでに持っていた価値観が
崩されました
自分が足らないところは。。。(5つほどセミナーでお話
したことが書かれていました)


私の知識は間違いだらけだったのだとわかりました
このまま受験していたら、恐ろしいことになっていたと
思います


目から鱗がボロボロと落ちました
いろんなエアラインスクールの先生たちのブログなどを
読んでいましたが、こんなに情報が違うのに驚きました
怖いと思いました


 

 

************************


いかがでしたか?

私このセミナー、個人的に大好きです
みなさんが完璧に間違った情報を、事実と体験を元に
正しい方向に向けて行くことができるからです

そもそも道がまちがっていたら、目的地には 
到着できません

道が正しければ、時間はかかっても、トラブルがあっても
ちゃんと目的地には到着します


このセミナーは、秋、冬、と開催してきたので、
次回は春に開催予定です(3月ごろかなー)
どうぞお楽しみに。。。

 

 

今日のメインテーマ

 

「こんな人が合格します 15」

 

誠実な人

 

 

昨日のマンツーマンレッスンでは、想定される質問を準備し、模擬面接後フィードバックをしました

 

その中で、私がアドバイスした点「誠実に面接官と話しましょう」というものがありました

 

 

誠実とは?

 

 

嘘をつかない

丁寧に話す

わかりやすく話す

焦らず、めんどくさがらない

 

 

 

という意味です

 

わかりやすく話す、というと、「短く話す」と思われがちですが

余計なことを言ってはいけませんが、どうしてもわかってもらうのに必要なものは話さなければなりません

 

そのために「数字」や「固有名詞」を使うのです

 

あとは、焦ってしまってつい早く話を終わらせようとする人がいますが、それも面接官からすると分かりにくい話になります

 

 

面接官と会話をする

 

 

これもわかってはいますが、実際にはできていない人が多いですし、

面接官の質問をよく聞いてないために話が噛み合わないと

いうこともありました

(先日ブログに書いたばかりです)

 

次回のオープンスクールでもこのあたりのお話をしようかと思っていますので、「ぜひ合格したい」「面接に不安がある方」はどうぞお越しくださいね

 

オープンスクール

 

 

 

 

これからも面接練習は続きます

ただ、「文章を作って暗記するだけの授業」ではありません
暗唱大会でもありません


 r臨機応変さを確認」し、
「自分と向き合う」時間です

 

自分で言うのも何ですが、とても深い、そして意味がある授業を行なっているなと思います

ただ、必ず、面接官が求めているレベルに引き上げていきます、と私自身決意を新たにしました
 

私が最も自信がある面接対策を徹底して行なっていきます

そこで、


2018年1月1日に
一足早く JALANACA面接攻略

「JAL受験対策1日面接徹底講座」

「ANA受験対策1日面接徹底講座」


の受付を開催します

一日中、面接のことだけ集中して実践を繰り返します
できないことはできるようになるまで、行います
決して安易な気持ちで参加されないでください
その代わり、しっかり、はっきりと言うべきことはいいます

「あなたの合格のために」

すでにコース内容は、バッチリ出来上がっています!
どうぞお楽しみに・・・


CA,GS合格請負人 

上野 博美



 

2017年12月27日 08:49 |コメント|

最後の無料面談

インテリア4_レッド

おはようございます!

CA, GS合格請負人の上野博美です

 

昨日は午前中暖かいと思っていたら、急に寒くなりました・・・

年の瀬も近くなり、航空会社勤務の皆様は多客期特有の忙しさを

感じながらお仕事中のことと思います

 

「お客様が多い時こそ、丁寧に」

 

先輩方からよく言われた一言です

 

確かに、初めて飛行機に乗る方、お子さんもいらっしゃる時期です

その人たちが「飛行機っていいな」と思うか「飛行機なんて二度と乗らない」と思うか

いわゆる「セールスマン」と一緒です

顧客を増やすチャンスです(笑)

 

 

先輩たちの一言一言は、本当に全て意味があったな、とつくづく感心します

感謝です

 CA,GSの皆様、ぜひ頑張ってください!

 

 

「最後の無料面談」

 

 

昨日、最後の無料面談の方が来られました

長年続けてきた無料面談ですが、年明けからは有料の「オープンスクール」にご参加いただきたいと思っています

(入塾された方には、受講料からオープンスクール代金をキャッシュバックいたします)

 

 

これには理由があります

 

 

無料だと、いろんな方々が来られて、正直驚くようなことがたくさんあったからです

 

*通っている航空会社系エアラインスクールでやってもらえない添削をして欲しい(もちろん無料で、ですよ)

 

*試験が間近に迫っている航空会社の試験情報を聞いたい

(はっきりとは言われませんが、相談内容として、○○航空の試験についてはお答えできませんのでご了承ください、と返信したら、一切メールが来なくなりました

(この方も、エアラインスクールに通っていると言われていました)

 

 

*無料面談ではなく、メール相談で答えてほしい

(メール相談は、生徒さんのみ可能です)

 

こちらが驚くような、「図々しいお願い」が増えてきたので、決心しました

(自分のスクールの先生に聞いたら?と思うようなことが多すぎます)

 

 

最初にちゃんと料金をいただいて、

その後入塾される方にはそのオープンスクール代をお返しする方式に変えたのです

 

 

ただ、昨日いらした方は、最初から相談が長引いた場合、お金もお支払いします、と言ってくださっていました

 

 

さらに、メールの返信が早い、内容が素晴らしい、言葉づかい、気配りが素晴らしいと、お会いする前から「ちゃんとした方だろうな」と思っていました

 

(メールで、ほとんどわかります だいたいどんな方が来られるのか予想していますが

ほとんど当たります 上記の「驚くような」方々も、メールから想像していましたが、お会いしてみるとそのままの印象、いやそれ以上でした・・・)

 

ご職業も航空系ということで、「さすがだな」と思っていました

 

ただ、お会いしてすぐに思ったことがありました

気になることです

 

しかし最初は私の方からは言いません

 

お話していただくうちに、ご自身でもそれが気になっていることがわかりました

 

そこで、はっきりとお伝えしました

今までの試験はそこが一番ネックとなっていて、通過することが

できなかったのだと・・・

 

 

 

CAをこのまま受験するのか

あきらめるのか

 

ご相談に来られた時点で、あきらめられないからご相談に

来られているのだと思いますが、ご自身で気づいていただくことが大事だったのだと思います
また、私が背中を押してあげることが必要だったのかな、と思います

 

不足している点、私が気になっていた点、をお伝えし、

どう改善していくべきあ、もお伝えしました

 

 

すると、早速、またすごくやる気になったようで、早速メールを

くださいました

 

 

「お話しして、自分がどうしてもCAになりたいのだとわかりました

うじうじ悩むより、さっさとやるべきことをやるべきだと思いました」

 

 

とアンケートにも書いてくださいました

 

受験を続けるかどうしようか、迷っている方

 

自信を無くしている方

 

はっきり本当のことを言って欲しい方

 

 

オープンスクール でお待ちしています

123日火曜日 16時から20時

214日日曜日 14:00から18:00

(時間はご自由です グループコンサル形式です)


 

皆様のご参加をお待ちいたしております

 

 

 CA,GS合格請負人

 

上野 博美

 

2017年12月26日 10:52 |コメント|

困り事解決❺  面接官と話がかみ合わない

0000518899.jpg

おはようございます!

 

 

CAGS合格請負人の上野博美です!

 

 

昨日は、日本一の高級住宅街、田園調布へ、、、

 

先日このブログにも書いた、「私の転機を支えてくれた5名の方々」の、さらに原点の方を訪ねてきました!

 

「スジェールコーヒー田園調布」
に、時々店主として

いらっしゃる、中沢さんに逢いに行ってきました!

 

 

中沢さんとは、かれこれ10年以上のお付き合い。

何かとご縁がある方です!

 

 

さらに、田園調布の素晴らしさも感動ですが、このお店の

オーナーさんは、ベストセラー作家でもいらっしゃり、

そのご本も購入してきました

 

中沢さんは「僕は何もしていませんよ」

とおっしゃるのですが、私はコンサルの方を知ることに

なったのは、中沢さんがFBでコンサルの方を、いいね、と押していたから、、、

それを、私は覚えていて年内にご挨拶ができて、よかったです

 

 

人は、何かでつながっていてそのふとしたご縁が人生を

変えることがあるんだな、とつくづく思います

 

これからも、ご縁を大事にしていきます

 

「困り事解決   面接官と話がかみ合わない」

 

 

解決方法は、1つだけです

 

「面接官が聞いたことに答えること」

だけです

 

 

「受験番号とお名前を言ってください」

と言っているのに、

「はい、◯◯大学から参りました、◯◯◯◯と申します

受験番号は、1番です」

 

 

のように、聞かれていないことを言う人、

は意外と多いです

 

「最後に何か一言ありますか?」

 

と言われているのに、3分くらい話す人、もいます

 

 

「なぜうちの会社を希望しているのですか」

 

と聞かれているのに、いつのまにか、いかに

自分がこの会社に合うか、自分がいかに客室乗務員に

向いているか、を話す人もいます

 

面接は、自分をPRする場、ではありません

自分をわかってもらう場、です

そのためには、まずは面接官が聞きたいことに

きちんと答えましょう

 

誰でも、自分の話したいことばかり話す人とは、

お友達になりたくないと思います

 

 

もう一度、面接の受け方見直してみてくださいね

 

面接官が、どんな事を考えながら面接を行なっているのか、

ブログには書けないことをお伝えしていきます

 

「エアライン受験に必要不可欠な基礎知識セミナー」

キャンセルが出ましたので、本日15時まで受付致します

詳しくはこちら

 

 

 

 

CAGS合格請負人

 

上野博美

2017年12月25日 07:32 |コメント|

愛の辛口劇場 そんなんで受かるわけないでしょ!お客様の気持ちに寄り添う?

イラスト3_イエロー

こんにちは!

 

CA,GS合格請負人の上野博美です

 

 

クリスマス気分を味合うために、昨日は銀座へイルミネーションを

見に行きました

 

とても人が多く、いくつかのブランドショップのイルミネーションを見て、

さあ帰ろう、と山手線に乗って、空席に座ったところ、目の前にすごーく

似ている人が立ったんです・・・

 

 

じーっとみていたのですが、やっぱりそうだ、と確信をして

声をかけました

 

 

○○さんですよね?」

 

 

17年ほど前の卒業生、で現役のANA社員の人でした!

もう、びっくりです!

 

もちろん、東京にいれば卒業生に会う確率はとても高いはずなのですが、

今まで実際にはあったことがなく、本当にこの偶然に驚きました!

 

 

「先生に握手してもらおうと思ったのですが、電車だったのでやめました」

 

とすぐにメッセージがきました(笑)

 

 

私、生徒さんたちが受験に行く際、必ず固い握手をします

生徒さんたちは、それがエネルギーチャージになると思っているので、

少々仕事などでお疲れだったのか、握手をして欲しかったそうです・・・

 

 

思いがけないクリスマスプレゼントだったなと思いました

皆様はどんなクリスマスイブをお過ごしでしょうか?

 

 

今日も、「愛の辛口劇場」開始です

 

 

「愛の辛口劇場 そんなんで受かるわけないでしょ!
 お客様の気持ちに寄り添う?
そんなこと言う前に、今目の前の人の気持ちに寄り添ってんの?」

 

 

本日の辛口度

 

中辛

 

厳しいことを言われたくない人は、どうぞ読まないでください

 

 

 

「客室乗務員になったら、どんなサービスをしたいですか」

 

 

「はい、お客様が何も言わなくても、気づいて行動できるサービスをしたいと思います」

 

 

 超能力者じゃないんだから、何も言わなくてもわかるなんて、そんなに

簡単にできるわけないでしょ 

そして、何も言わないで勝手にやったら、「押しつけのサービス」でしょ

 

 

 

「どんな客室乗務員になりたいですか」

 

「はい、お客様の気持ちに寄り添うことができる客室乗務員になりたいです」

 

あなた今、目の前にいる友達、先生の気持ちに寄り添ってるの?

 

 

できてもいないことを、「綺麗な言葉で飾っていう」人が、本当に多いのよ、この業界の受験者は・・・

 

 

「お客様の気持ちに寄り添って」

 

「もう一度乗りたいと思っていただけるようなサービスをしたい」

 

「御社のファンを増やしたい」

 

 

面接官はとっくに聞き飽きてるわよ

 

 

 

あなた一体この言葉をどこで覚えたの?

 

 

ネット?

 

雑誌?

 

自分で考えたんじゃないでしょ?

 

ネットや雑誌でみた時点で、これらの言葉はすでにみんなが使ってるのよ

 

自分の頭で考えなさい

 

 

客室乗務員になっても、あなたはマニュアル通りのことしか言わないつもり?

 

 

だったら、あなたがいうような、「お客様に感動を与えられるサービス」なんで

いつまでたってもできないわよ

 

 

いい?

 

お客様は、新人の客室乗務員よりも、ずっと多く飛行機に乗ってるの

そのお客様たちが、あなたがマニュアル通りに、自分で考えずに説明していることくらい、すぐにわかるの!

 

 

「なんでリクライニングを倒して着陸しちゃあいけないの」

と聞かれて、その答えを全て先輩が教えると思う?

 

 

そりゃ、訓練で説明はされてるわよ

 

あとはあなたの言葉で言うのよ

そんなことくらいができる人しか、雇わないのよ

 

 

客室乗務員になったら、素晴らしい、素敵な女性になれる、って思っている

人もいるわよね?

 

 

違うわよ

 

 

「素晴らしい、素敵な女性」を採用するの

そんな人しか、採用したくないわよ

 

 

訓練って、業務上のことを教えるの

あなたの話し方や、どのようにお客様に受け答えをするか、なんて一つ一つ全部

教えてはくれないわよ、そんな時間ないんだから

 

 

だから、採用試験の時に、「この人は訓練についていけるか」だけじゃなくて、

「理解して、応用してくれるか」も見てるの

 

楽して合格しようなんて、思ったら、入社して泣くわよ

 

 

どんなサービスをしたいのか

 

自分で良いサービスを受けて、サービスの本を読んで、自分でこんなサービスがしたいな、と考えて、答えなさい

 

 

どんな客室乗務員になりたいか

 

あなたが体験した客室乗務員の人で、素晴らしいと思った人を思い浮かべて、

言葉にしなさい

 

 

そうして、一つ一つ考えていくのよ

 

 

あと、目の前の友達、先生、親、の気持ちを考えて行動しなさい

 

私もよく、せっかくメールを返信したのに、その後一切メールが来ない、

お礼すら言われない、なんてことはしょっちゅうあるわ

 

 

情けなくなるわよ

そんな人も、客室乗務員試験を受けてるなんて・・・

 

 

自分勝手な人が素晴らしいサービスなんて、できるわけないでしょ

 

あなたの日頃の行動、よく考えて見てね

 

 

今日はこのくらいにしとくわ

 

冬休みでも、絶対に気を抜いちゃだめよ

ライバルは、ちゃんとやることやってるんだからね

だまされるんじゃないわよ

 


冬休みに、ライバルに差をつけたい人
ウインターセミナーで待ってるわ




 

CA, GS合格請負人

 

上野 博美

2017年12月24日 11:54 |コメント|

この冬休みに、是非やってほしい5つの課題

勉強3_グリーン
こんにちは!

 

 

CAGS合格請負人の上野博美です!

 

 

先程、エアライン受験のマンツーマンレッスンが終了しました!

 

「八方美人」を治す方法をお教えしました(笑)

 

八方美人は、客室乗務員になるには、

「なんとしてでも治さないといけない性格」の

1つです

 

断れない人もいますね

 

客室乗務員は、「感じよくNOを言う仕事」です

合格するためには、治さないといけない性格は、

考え方を変えて頂いてます

(なんのことかさっぱりわからないかもしれませんが)

 

 

合格可能性20%の人を引き上げていくのには、

大事なプロセスです

 

 

合格可能性80%の人には、違うことをお教えしています

少人数制で、26年の経験からできてるのだと思います!

合格目指して、頑張りましょう!

 

 

また、午後からはクリスマスシーズンぴったりの

セミナー

 

「ちょっとまじめな恋愛セミナー」

 

こんな男性はやめておこう

男性のここを見よう

 

など、女性ならではの視点でレジメを作ってのセミナーです

課外授業、ですので今後は開くかどうかはわかりません!

楽しみにしてくださっている方が多いので、こちらも

頑張ります!

 

 

「この冬休みに、是非やっておきたい5つの課題」

 

 

学生の皆さんはすでに冬休みに入っていると思います

この2週間程度の間に何をするべきか、をまとめてみました

 

 

1.SPI対策

2.TOEIC対策

3.エントリーシート練習(過去問から)

4.面接対策

5.体力をつける

 

 

 

この5つにぜひ取り組んでほしいですね

 

面接対策は、どのようにやるのか、と言うことは、

このブログを参考にしていただけたら、と思いますが、

間違ったやり方だけは、しないようにしてくださいね

 

間違ったやり方とは、

 

「質問に対しての答えをノートに書き、それを暗記すること」

 

「質問に対しての「お勧め例文」を参考にして、何を言うかを

考えること」

 

 

この二つだけはやってはいけません

 

すべての失敗の元ですから・・・

 

 

周りの人たちに、自分の長所を聞いてみたり、

企業研究、を誰にも負けないレベルまでやってみたり、

そんなことの方がずっと大事です

 

 

話し方のクセを修正することも大事です

 

 

どうぞこの冬休みを有意義に過ごしてくださいね

過ぎ去った時間は戻ってきませんから・・・

 

 

未来塾の生徒さん達には、さらに他の課題を出しています

2018年のスタートダッシュのためにも、頑張りましょう!

 

 

CAGS合格請負人

 

上野博美

2017年12月23日 12:50 |コメント|

新たなスタート

0000520273.jpg

こんにちは。

 

 

エアラインスクール未来塾の上野博美です

 

 

昨日の日帰り福岡出張、楽しかったです!

 

実は、このお仕事は私が東京移転を決定する以前にいただいていた

お仕事でした

 

ですので、交通費は出ません

自腹で行きましたので、ほぼ利益はないです

 

ただ、私はこちらの大学を含め、ほとんどの大学の皆様と20年を超える

おつきあいをさせていただきました

 

そのいただいた信頼は、最後まで果たすべきだと思いました

その任務を終え、これで2017年度でいただいていた全ての大学での

お仕事を終了しました

 

客員教授としての任期は3月31日まで続きますが、授業はありません

ただ、4月からは客員教授も辞退しました

 

働き方改革が叫ばれている昨今、自分の働き方は私にとって私の

生き方だと思っています

 

この生き方を変えよう

自分が納得できないことはやらないでおこうと思って、東京に移転しました

 

昨日の短大保育学科1年制へのマナーセミナーもおかげさまで、好評でした

初めは、「いうことを聞かないかもしれない」とご担当者の方から聞いて

いましたが、その場合「最初が肝心」ですので、いつも通り最初の3分で

聞いてもらえる環境を作りました

それがうまくいき、終了後はみなさん「ありがとうございました」と

言って帰っていきました

(挨拶の重要性を理解していただいたようです)

 

 

もちろん達成感はあります

嬉しいです

応援したい気持ちはたくさんあります

 

 

しかし、たった一回限りです

カンフル剤の役目は、もう終わりにしようと思っています

 

私の講演は自分で言うのもなんですが、インパクトがあるようです
さとり、ゆとり世代の学生が必ず聞いてくれます

 

だからこそ、依頼が20年も続いてきたのだと思います

 

しかし、これらの学生の皆さんを最後まで見届けることもできませんし、

また200名近くにお話していても、一人一人を見ることはできません

 

もう、私はこのような仕事をしなくてもいいかな、と昨日も改めて感じました

 

講演回数年間150回以上を、15年近く続けてきました

学校から無理矢理に参加させられた、やる気がない学生たちもたくさんいました

その人たちに一瞬で、聞く体制にするにはどうしたら良いのか、をずっと

考え、試し、実行してきました

 

そのおかげで、私の講演スキルは上がったと自分でも思います

何せ、初回の講演は何を話したのかを今でも思い出せないほど、
緊張して上がって
しまったのですから・・・

 

 

修行の時代が終わり、私が得たことを皆様にシェアしていく時代に入ったのだと

思っています

修行の時代で得たのは、「教え方、育て方」です
これには、おかげさまで様々な若者に接してきて、育ててきたため、
本当に自信があります

 

来年1月からは、エアラインスクールに加え、セミナー、コンサルテイングに

力を入れていきます

 

 

* 話を聞く気ゼロの受講生が、目を輝かせて話を聞く5つの技術

 

* 20年以上継続して高い合格率と独特の教え方、育て方で、口コミとネットだけの

  広告費ゼロ、クレームゼロのエアラインスクールを作るコンサル

 

* ゆとり、さとり世代をうまく育て、教育する教え方

 

 

この3つを柱にして、セミナー、コンサルテイングを行なっていきます

1月セミナーは、1月14日(日)に、「ゆとり、さとり世代をうまく育て、
教育する教え方セミナー
理論、実践編」

を行います

 

お申し込みは、12月24日から開始します

 

 

 

納得できないことをやめると、やりたいことが見つかります

私は今それを実感しながら、仕事をしています

 

今日は、エアライン受験対策講座最終回です

このクラスも大成長しました

今後は、フォローアップして新卒大手エアライン合格を目指します

 

 

エアラインスクール未来塾

 

上野  博美

 
2017年12月22日 15:19 |コメント|

こんな人が合格します 13

旅行2_ブラック

 

おはようございます!

 

CAGS合格請負人の上野博美です

 

 

昨日の、ママ向けキャリアセミナー、大変好評だったようで、

本当に良かったです!

ママ達は、本当にたっくさんの力を持っていて、子育て

しながら十分に社会貢献できる人たちばかりだと思いました

 

私の方が少しだけ先に仕事をしながら子育てを終えたため、

お話しできることがあったのだと思います

何でも経験できることが有難い、と思いました

終了後は、中学高校の先生方、人材会社の方とお名刺交換が

できて、びっくりしました‼️

そして、子育て相談も受けて感じたこと

 

仕事も子育ても「覚悟」が大事

 

覚悟があれば、方針が決まりぶれない、のです

何でもやるときは、腹くくってやりましょう(笑)

 

「こんな人が合格します」

 

 

自然体の人

 

 

笑顔だけどぎこちない

笑顔が作られた感じがする

言葉遣いが、丁寧すぎる

動作がわざとらしい

状況と表情がマッチしていない

 

 

こんな人、見たことありませんか?

 

もちろんこのような方は、残念な結果に終わります

 

 

むしろその反対の人、つまり自然体の人が合格します

 

 

笑顔、表情、態度に表裏がない

無理ではなく普段から愛嬌がいいんだろうなと

感じる

自分の言葉で語っている

状況に応じた、表情豊かさがある

 

 

CA希望者の方は、意外と「不自然な人」が多いです

その時だけ、演じてるからでしょうね

普段からできてることが大事です

演技は見破られます

 

自然体で合格できるレベルに達すること

 

面接でどう答えるかだけでは、ありません

あなたのあらゆる部分が見られています

 

 

12/2829年末マンツーマンレッスン

少しづつお申し込みが入っています

まだ、空きはありますので、1226までにお申し込みください

面談ではなく、授業です

自己PR作成や、模擬面接とフィードバック(あなたのほぼ全てが

わかります)、印象アップ、アピアランスアドバイス、

合格できる確率、何をやるべきか、などお伝えできます

一番のオススメは、模擬面接とフィードバックです

時間の許す限り、アドバイスと自己PR志望動機作成も

できます
マンツーマンレッスンデー

 

CAGS合格請負人

 

上野博美

2017年12月21日 07:54 |コメント|

上野 博美
CA,GS合格請負人、エアラインスクール未来塾代表
1996年に未来塾を設立 CA,GS合格請負人 エアラインスクール未来塾代表 元日本エアシステム(現在日本航空)客室乗務員として 約7年間のフライト後、エアラインスクール講師を経て、 1996年にエアラインスクール未来塾を開校 エアラインスクール講師歴26年目を迎える

お問い合わせはこちら

モバイルサイト

エアラインスクール未来塾モバイルサイトQRコード

エアラインスクール未来塾モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 受講生・卒業生の声
  • よくあるご質問
  • 上野博美のFly into the future
  • アメブロ
  • LINE banner
  • 旅行2_ホワイト