エアラインスクール未来塾|東京  恵比寿

合格率と実績で選ばれているエアラインスクール(女性限定)

 

blu.jpg

未来塾について ≫ CA, GS受験成功の秘訣集(面接編)

CA, GS受験成功の秘訣集(面接編)

航空会社が求めているレベルを知る

旅行2_ブラック

【航空会社が求めているレベル】



 CAになるためには、筆記試験、面接試験
 (デイスカッション を含む)、健康診断(航空身体検査と呼ばれるもの)
 体力測定 (会社により一部実施)にすべてパスする必要があります



 中でも、面接試験は通常3回ほど行われており、その試験に通過することが

 何より大変です


 面接試験を通過するには、一言、



「航空会社が求めているレベルに達すること」


 が必要です

 あたり前のことですが、意外とこれがわかっていない方が多いようです


なぜか・・・

 航空会社が求めているレベルがわからないから

 というのが最も大きな理由でしょう 
 だから面接試験を受けても通過しない、通過しない理由もわからない、という
 悩みを抱えている人が多いのです



  CA受験の競争率は、平均50倍から100倍、時には100倍を超えることも
 あります


  つまり、全受験者の中で100人に一人しか合格できない、

  とても難関の試験なのです


  受験者の多くは、英語、外見をしっかり磨いてきている、

  中学生のころからスチュワーデスになることを考えて進路選択をしてきた人が
  たくさんいます


  その人たちの中で、100人に一人なのです


  では、航空会社が求めるレベルとは・・・


  外見→容姿、身だしなみ、明るさ、積極性、感じのよさ


  内面→能力、適性、性格


  の面で判断されています


  最近の人たちを見ていると、容姿、身だしなみについては

  ほぼ整っている人が多いようですが、内面、適性となると

  なかなか・・・と思うことが多いです



  上記の点をすべて、またはほぼすべてにおいて

  航空会社が求めているレベルを超えれば面接を通過できます


  そのレベルは、100人に一人レベル

  もっとわかりやすく言えば、現役のCAの方々をご覧
  いただけると、わかると思います

  特に、2013年ごろから、客室乗務員の競争率が
  再び上昇を始め、そのレベルは年々上昇傾向にあります

  決して安心せず、早めの準備と、ご自分を客観視して日々やるべきことを
  継続してほしいです


 


 

コメント


上野 博美
CA,GS合格請負人、エアラインスクール未来塾代表
1996年に未来塾を設立 CA,GS合格請負人 エアラインスクール未来塾代表 元日本エアシステム(現在日本航空)客室乗務員として 約7年間のフライト後、エアラインスクール講師を経て、 1996年にエアラインスクール未来塾を開校 エアラインスクール講師歴26年目を迎える

お問い合わせはこちら

モバイルサイト

エアラインスクール未来塾モバイルサイトQRコード

エアラインスクール未来塾モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 受講生・卒業生の声
  • よくあるご質問
  • 上野博美のFly into the future
  • アメブロ
  • LINE banner
  • 旅行2_ホワイト