客室乗務員の先輩方は、魔法使い?

CA、GS合格請負人の上野博美です。

 

 

昨日、コンサルの方が送ってくださった資料に刺激され、

朝投稿です(笑)

現在、ANA既卒CA一次試験に向けてのアドバイスを、

LINEで毎朝9時にお届けしています。

既卒の方だけでなく、受験直前に何をすべきかを、

お届けしていますので、皆様のお役に立てると思います

ご登録の方は、こちらから

 

 

「先輩方は、魔法使い」

 

昨日のブログで、パーサーと呼ばれるポジションの方々

のお仕事も含め、プロのCAってどんなことをやって

いるのか、と言うことをご紹介しました。

昨日のブログ

 

 

 

では、私は先輩方のように「魔法使いになれたのか」

と言うと、最終的には「魔法使いに、仕上げられた」

と思います。

 

先輩方の温かくも厳しいご指導で、「魔法使いに仕上げて

いただいた」のです。

 

訓練生の頃は、自分の仕事で精一杯で、先輩方の

すごさがあまり分かっていませんでした。

 

やがて、先輩方は

 

仕事が早い」

「疲れていない、疲れを見せない」

「いつも余裕のある笑顔」

「ミスをしない」

「人の様子と動きを、細かく見ている」

 

と言うことに気づき、「私と何が違うんだろう」と考えるように

なりました。

 

「先輩だから、経験が長いから当然じゃん」

 

と思った人

残念ですが、ハズレです。

 

先輩方の中には、「魔法使いになれていない人,なりたくない人」

もいました。

 

私は、魔法使い、と言う言葉を使っていますが、

そんなことに興味がない人もいたからです。

 

CAにも個人差があります。

 

成長を望む人と、現状で満足する人

あなたはどちらですか?

 

成長を望む人は、魔法使いになれますが、

望まない人は、魔法使いに使われる人、でストップします。

 

先輩方のすごさに、少しでも近づこうとしていた時、

私は、ある先輩に質問をしました。

 

私は、仕事のスピードを上げようとすると、ミスが

多くなり、ミスをしないよう丁寧にやると、スピードが

遅くなります  ミスをしないのと、スピードを上げるのは

どちらが優先ですか」

 

と。

 

 

先輩は、間髪入れずに、すぐに答えて下さいました。

 

 

「両方です」

 

 

 

、、、、、、、、

 

 

聞くだけ無駄でした(笑)

 

 

このように、私達新人にも、決して低いレベルではなく、最初から

高いレベルを目指せ、と教えてくださっていたと思います。

 

 

私は、授業の中で「接客ロールプレイ」を取り入れていますが、

適性磨きのために行なっています。

生徒さん達同士で、テーマに沿ってCAとお客様役をして頂きますが、

マニュアルちっくな接客が多いです。

フィードバック後、デモンストレーションで、私がCA役をすると、

拍手が起きます(ありがたいです)

 

それも、先輩方が素晴らしい接客レベルを、叩き込んで、また

常に見せてくださっていたからです。

 

そこに妥協はありません。

 

CA、GSを目指す皆さん

入社したら、何を目指しますか?

入社がゴールですか?

素晴らしいサービスができる人になることですか?

 

 

今日は、あなたがCA、GSになった時のことを、想像して

みてください!

 

 

CA、GS合格請負人

 

上野博美

 

 

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら