最終試験で落ちる理由

最終試験で落ちる理由

CA, GS合格請負人の上野博美です

このテーマで検索されている方々は多いです

どちらかと言うと、「○○○」に多いです(会社名は伏せます)

JALもANAも最終試験合格率は、大変低いのに、一つの会社だけ

よく検索されています

これは、一つの会社では「落ちた理由はなんとなく自分で納得できている」

けど、もう一つの会社では、

「きっと受かっていると思っていたのに、ダメだった」

からなのでしょう

面接官がニコニコしていたか、

面接官が厳しかったのか、

にもよると思います

(どちらがニコニコか、はご想像にお任せします)

私は過去、最終試験で落ちた方々の面談を、総勢200名ほどお会いして

お話を聞き、「落ちた理由」をお伝えしてきました

その中で最も多かったのが

能力不足

です

能力とは

考える力

コミュニケーション能力

です

最終試験で落ちる人たちのほとんどは、

「感じがいい」です

だからこそ、

印象

では差がつきません

当然その先に、

「差がつくポイント」

があると

いうことです

昨日、某 LCCで採用、教育を行なっている卒業生が

授業でお話をしてくれましたが、

「まさに面接官が考えていること」

というお話が、次々に出てきました

面接官が、何を、どう評価するのか、については生徒さんたちに日頃からお話をしていますが、

全員が、目を丸くして驚くことばかりです

 

詳しくは、授業やセミナーでお伝えしていますが、1つ例をあげますと、

「深く突っ込む質問をする時、面接官があなたに興味を持って聞いている」のです。

「見込みがない人に時間をかけませんから」

と、採用担当の方が言われていました。

と言うことは、

「突っ込まれたらチャンス」

なのです。

このような面接官の考えている事、視点を知らずに面接を受けても、なかなか合格はできません。

私どもエアラインスクール未来塾は、そこをベースに授業を

しているため、

「5年連続エアライン合格率100%」

なのだと思います。

来年を見据えている方

新卒の方々も是非参考にしてく

頂けると嬉しいです。

皆様も良い週末をお過ごしください!

 CA, GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら