思い出深い生徒さん

思い出深い生徒さん

こんばんは!

CA、GS合格請負人の上野博美です!

今日から授業開始です!

思いっきり、レベル引き上げ中です(笑)

学生意識を社会人意識に。

さらに高い意識を持つ人に、引き上げます

そうでないと、合格しませんから、、、

私と生徒さん達の真剣勝負は続きます!

「思い出深い生徒さん」

随分前の生徒さんですが、今でも現役です

新卒で採用され、かなりのベテラン

国内、インターと両方乗務し、チーフもこなし、

責任者にもなり、と言う人ですがしばらく連絡が

ありませんでしたが、今度塾にも遊びに来てくれると

言うことです

この方のことを思い出す時に、この方が合格する前に

私が彼女と話したことを思い出します

書類通過もするし、一次試験通過もできる

そして二次試験もやっと通過できるようになったけれども、

最終試験で結果が出ない、と言うことが続いた時でした

このまま行くとすべてのチャンスを逃してしまう気がしたので、彼女と二人で話をしました

「最後のところで結果が出ない理由は何だと思う?」

「企業研究も十分でないし、

志望動機もあいまいだし、TOEICも頑張らないと

行けないんですが、一生懸命やっているんですけど、なかなか

結果が出てなくて・・・」

そんなことを言ったような気がします

ただ、私は全く違うことを考えていたので、彼女が自分が結果が出せない理由を分かっていないんだな、と言うことが良く分かりました

「私はあなたが一生懸命やっているつもりになってる気が

するんだけど・・・」と言いました

彼女は、「えっ?」と言う顔をしました

「確かに机について、企業研究したり、TOEICの勉強しているんだと思うけど、自分では机についている時間が長いから、一生懸命やっていると言う気分になっていませんか?

でも大事なのは結果を出すこと。

長い時間勉強すればそれで認められるものではないです

授業に来られる時にも、私が何か質問はありませんか、と

聞いてもまだ質問しませんよね?

じゃ、質問がないくらいに十分に面接についても理解していますか?

不安なことはありませんか?

不安があれば、その理由は何か、何が分かっていないのかを

自分で問いかけてそれを質問として、授業に持ってきませんか?

次回来る時には質問を10個用意してきてください

それが一生懸命やるってことです」

彼女はびっくりしたようですが、こう言いました

「実は母にも同じことを言われたんです・・・」

お母様は彼女がCAになりたいことをとても理解してくださっていて、応援されていました

そのお母様がやはり彼女が最後のところで結果が出せないことを見ていて「なんかやったつもりになって、自己満足してるんじゃない」と

言われたそうです

やはり親だな、と思いました

子供のことを一番身近で見ていて、理解しているんですね

そこから彼女は一変しました

どちらかと言うとのんびりやさんでしたが、目の色がかわってきました

一生懸命やったつもりではなく、ちゃんと結果を出し、自分の疑問、不安に目をそむけず、それをどんどん質問してくるようになりました

メーク、髪型にも無頓着だったのですが、おしゃれにもなりました

自分を知る、見ると言うことを始めたのだと思います

そしてその後の最初の試験で、見事CAの採用試験に合格することができたのです

一生懸命やったつもりになっている人は意外と多いのかもしれません

でも自分の疑問、不安に目をそむけていては決して結果は出ません

私はどの授業でも、生徒さんからの質問を受けていますが、

質問数がおおい生徒さんほど合格は近いと思っています

質問さえないようでは、まだまだ合格は遠いです

(生徒さんに向けて言っている気がします

次の授業までに、たくさん質問を用意してきてねー)

卒業生にはそれぞれ合格へのきっかけとなった出来事があります

その経験があって、今の私がありますし、今目のまえにいる生徒さんたちは一人一人違います

一人一人としっかり向き合って、合格まで一緒に走っていく・・・

私は教え、育てることが好きだな、とつくづく思っています

これからも、頑張ります!

CA、GS合格請負人

上野博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら