短所を教えてください、と面接で聞かれたら、どう答えますか?

「こんな人が合格します」短所を聞かれたら・・・

正直で、前向きに答える人は合格します

面接で、長所を聞かれるのはいいけど、

短所は答えにくい。

短所を聞かれたら、本当の短所をいうと、自分がダメな

人だと思われそうだから、何を答えればいいんだろう。

そう思っている方は多いのではないでしょうか?

この

短所、失敗談、挫折体験、

などのような質問を、私は「ネガテイブ質問」と名付けています。

受験生にとっては、できれば聞かれたくない質問です。

長所や、頑張ったこと、など自分をアピールできることは

答えやすいのと正反対です。

例を挙げてみます。

短所はなんですか?

と聞かれた際に、

「物事に熱中すると、他が見えなくなることです

ただ、それは別の見方とすると、集中力があるということですので、

良い方向に生かしたいと思います」

というような答えをした、とします。

しかし、面接官は「短所」を聞いているのに、

これでは、短所ではなく長所になっています。

短所は、確かに言い方が難しいテーマですが、

「面接官が質問したことに答える」

ことと

「正直に、前向きに答えること」

はとても大事です

「物事に熱中すると周りが見えなくなることです。

そこを治すために、今現在カフェでのアルバイト中に周りをよく見ることと、

余裕を持って仕事ができるよう、仕事のマニュアルの復習をしています」

と答えたらいかがでしょうか?

(これは、あくまでも一例です)

面接官の質問に、ごまかさず答えている

そして、改善する方法を正直に言っている

からです。

正直に前向きに答えている人のことを、感じがいいな、と

思いませんか?

面接官から見ても同じです。

 

「これを言えば受かる」という、魔法の言葉はありません

 

ただ、ネガテイブな質問への答え方はあります。

「正直に、前向きに答えましょう」

決してごまかしたり、隠したりしないようにしましょう。

あなたの答えたこと、と言うより、あなたの「ごまかしてしまう人間性」が

評価されません。

自分をよく見せたい、という気持ちはわかりますが、

大事なことは、面接官に誠意を持って答えること、です。

「私はちゃんと誠意を持って答えているのだろうか」

と心配な方は、私どものマンツーマンレッスンやセミナーに

お越しください。

しっかりとアドバイスをいたします。

マンツーマンレッスン

 

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら