こんな人が合格します①

CA, GS合格請負人の上野博美です。

 

「客室乗務員の試験って難しいと聞くけど、

実際にはどんな人が合格しているの?」

 

そう思っている方は多くいらっしゃるでしょう。

 

客室乗務員合格には、

1 書類選考通過

2 テストセンターでの点数

3 面接やグループデイスカッションの通過

4 健康診断の通過

 

全てが求められます。

 

特に、3 の面接やグループデイスカッションは

2回、または3回実施して、じっくりと受験生を

みる、という会社がほとんどです。

そこで、今日は「面接」において評価される人の

パターンをお伝えします。

「こんな人が、合格します」①

 

「話がわかりやすい人」

 

です。

 

話がわかりやすい人は、

 コミュニケーションスキルが高い人

ですから、

「コミュニケーションスキルが高い人」

とも言えます。

 

では、面接におけるコミュニケーションスキルが高い人って

どんな人なのでしょうか?

 

1 面接官の質問のニーズに沿って答える

2 具体的に話す

3 簡潔に話す

 

ことです。

 

実際にはかなり難しいことではありますが、どうしたら

コミュニケーションスキルが身につくのか、お伝えします。

コミュニケーションスキルを、手取り早く身につける方法

「どんな質問にも、結論から先に言う」

「数字、固有名詞を使う」

「結論→根拠→まとめの順番で話す」

です。

次で、詳しく説明します。

 

「どんな質問にも、結論から先に言う」

例えば、

「なぜ弊社を希望したのですか?」

という質問に

「はい、私は以前から御社に大変関心を持っていました。

それはインターンシップに参加させていただき、

社員の方々に大変よくしていただいたからです。

このような方々とぜひ一緒に働きたいと思いました」

と答える、Aさん。

 

「はい、御社の「他者を思いやる人」という言葉を実践したく、

御社を希望しています。

私が、御社のインターンシップに参加した際、何も

わからない私に対して、優しく、一から丁寧に説明を

してくださいました。また、就職相談に乗っていただいた際にも、

ご自分の経験も交え、私の立場で話をしてくださいました。

このような方が働く会社ってどんな会社だろう、と思って

御社について調べたところ、御社の求める人材像のところに

「他者を思いやる人」

と書いてあり、ますます興味を持ちました。

私は御社入社後は、営業部で働きたいと考えています。

それは、御社の理念である「他者を思いやる」気持ちを

持って営業先に伺うことで、営業先の方々の立場で考え、

行動し、それが双方の利益につながる、大変難しいことに

挑戦したいからです。

御社に入社後は、部活動で培った根性を生かし、

営業先の方々から大事な存在だと

思っていただけるよう、まずは商品知識の習得につとめ、

先輩方から学び続け、営業のプロを目指します」

 

というBさん。

どちらがわかりやすいですか?

 

さらに、この文章は、

3の「結論→根拠→まとめの順番で話す」

も備えています。

 

数字は?

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは数字はありませんが、

「求める人材像」の文章を具体的に紹介しています。

 

2 数字、固有名詞を使う

「私のセールスポイントは、何事も最後まで諦めないことと、

吸収力があることです。

私は中学ではバスケットボール、(固有名詞)

高校では陸上部(固有名詞)、大学ではレストランスタッフの

アルバイトを続けてきました。

1年365にちのうち、330日(数字)の練習に加え、

怪我や、後輩指導など、大変なことはたくさんありましたが、

そのお陰で何事も諦めない考え方が身についたと思います。

また、アルバイトでは店長が大変厳しく、教えてもらったことは

その日のうちに覚えておかないといけなかったため、

ノートと復習を繰り返した結果、吸収力は上がったと

思っています」

 

のように、数字、固有名詞を使えます。

あなたはどのように話をしていますか?

上記の例文は、私の勝手なアドリブですが、

わかりやすいと感じていただけたら、ぜひあなたも

このような話し方をしてみてください。

最初は難しいけど、トレーニングで上達する

 

私ども生徒さんたちも、最初からこれができたわけではありません。

準備して、フィードバックを受けるトレーニングを繰り返し、

だんだんと上手になっていきました。

 

誰でもトレーニング次第で上手くなると、私は思っています。

 

 

まとめ

 

合格するために必要なことは、

「わかりやすく話せるコミュニケーションスキルが必要」

そのためには、

「どんな質問にも、結論から先に言う」

「数字、固有名詞を使う」

「結論→根拠→まとめの順番で話す」

 

です。

ぜひ参考になさってくださいね。

 

最後に

「面接上手になりたい!」

 

「面接で役立つコミュニケーションスキルを

身につけたい」

 

そう思っている方に、

「面接質問10本ノック実践セミナー」

を開催します。

 

興味がある方は、こちらをご覧ください。

面接質問10本ノック実践セミナー

 

 

 

CA,GS合格請負人

上野 博美

 

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら