JALファーストクラス搭乗記後編

JALファーストクラス搭乗記後編

こんばんは!

CA、GS合格請負人の上野博美です

昨日の続きです

「JALファーストクラス搭乗記後編」

搭乗口に行くのが遅くなり優先搭乗とは行きませんでしたが、搭乗口もスムーズ、混雑なしでした

搭乗後、座席はほとんど男性

シートには、メニュー表

すぐに、担当の客室乗務員がコートを預かってくれ、夕刊のリクエスト

そして、パーサーのご挨拶

とても上品な白ジャケットの方。

年齢は40代前半、とても優しそうで、でももちろん動きには無駄がない

そして他の2名の客室乗務員は、20代後半

一人は元気で、接客大好きタイプ

一人は美しく、控えめタイプ

「心で接客」

を感じました

そしてお決まりの「都道府県シールリクエスト」

「山形の方はいらっしゃいますか」

「あー今日は山形の者は乗務致しておりません 申し訳ありません」

「そうなんですね、、、あと山形でコンプリートなんです」

「そうなんですね、、」

と悲しそうにされたので、「でもまだあと少しあるので」

と私が言うと

「そうですよね!頑張ってください!」

と軽くガッツポーズをされました(笑)

その後、すき焼き、森伊蔵を頂きつつ、くつろいでいると

先程の客室乗務員の方が、都道府県シールを一枚持ってきたのです

「⁇」

「他の者が、以前一緒に乗った乗務員に山形の者がいて、もらっていたという事だったのでお持ちしました」

「えーーーーーー!

ありがとうございます!!!!!

これでコンプリートです!本当にありがとうございます!!!!!」

もう泣きそうでした 、、、

コンプリートも嬉しいのですが、私のために他の客室乗務員に聞いてくださったこと

一人の客室乗務員が、山形を持っていたこと

本当に、感動でした!!!!!

本当にありがとうございます!

その後「お手洗い

まだ使えますか」

と聞いた客室乗務員の方は、お手洗いのドアを開けて待っていてくださり私が座席に戻ると、その客室乗務員の方が私の座席のブランケットとコートをたたんでくださっていました

その方に「ありがとうございます  先程もどなたか最後の都道府県シールをくださって、、、」

と言うと

「それ、私です」

と言うではないですか!!!!!

「あ、そうだったんですね!

本当にありがとうございます!」

「いえ、たまたま持っていて良かったです」

「本当に良かったです直接お礼が言えて、、、」

「いえ、差し出がましい事を申し上げました」

というこの謙虚さ。

結論

ファーストクラスは、お客様にためにできることは短い時間の中でも一生懸命にやる客室乗務員の方々が、しっかりと支えている、と分かりました

そしておかげ様で、コンプリート達成です

同期達、家族、そして生徒さん達が、企業研究のために乗った飛行機でもらってきてくれた、佐賀、高知。

これら全ての方々のおかげで達成出来ました!

「自分が欲しいと思うものは欲しいと言わなければ、手に入らない」

と言う事が分かりました

「引き寄せ」と言いますが、本当に欲しいと心から思い、人に言うことで、願望は叶うのですね

都道府県シール集め、でこれを学びました

本当に皆さまありがとうございました😊

また、コンプリートシールを頂いたらご報告します!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました

CA、GS合格請負人

上野博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら