客室乗務員の本当の仕事内容

客室乗務員の本当の仕事内容

こんばんは!

 CA,GS合格請負人の上野博美です

今日、JAL都道府県シールのコンプリートしました!

同期と「シール交換会」を行い、47都道府県すべてが揃い、あとは

申込書に申し込み、「コンプリートシール」の到着を待つのみです!

嬉しいですね・・・

楽しみにしておきます!

ちなみに、もう一人の同期も「コンプリート」しました!

あと一人、9県でコンプリートの同期もいます!

最後まで頑張って欲しいです!

(もし、レアシールお持ちの方はお知らせくださいませ!)

今日も、既卒の方々、そして新卒の方々のレッスン、授業でした!

明日は祝日ですが、全く関係なく授業です!

「客室乗務員の本当の仕事内容」

今日、既卒の方にこの点をお話ししました

「なぜ客室乗務員になりたいのか」について、どうしても

浅い、サービスのみに特化した内容になるからです

 

「お客様がお手洗いから出てくると、客室乗務員が清掃のために

お手洗いに入っていると思っていますよね?

実は違うんです」

 

というと、

「えー!!」

とびっくり・・・

(清掃は、二番目に大事なことで、一番目は保安上の理由があります)

また、

 

「急病人のお客様がいらして、ドクターコールをしても

どなたも名乗り出られない場合、緊急着陸するまでに

客室乗務員が、トレーニングで学んでいる知識を駆使して、

その急病人の方の処置にあたるのです

だから、客室乗務員がバカだったらお客様殺すから、と先輩に

よく言われたんですよ」

 

というと

「え・・・」とそれまであった笑顔が消えました

さらに、

 

「ハドソン川の奇跡」を見ると、客室乗務員の本来の仕事がわかりますよ

着水の場合も、時間に限りがあります」

 

というと、

「そうなんですね・・・」

だんだん、サービスのみだと思っていた仕事への見方がガラッと

変わったことと思います

なかなか一般の人は知らない、客室乗務員の仕事内容ですが、

これを理解して、「なぜ客室乗務員になりたいのか」をしっかり考えて

受験していただきたいと思います

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら