大変なことを乗り越える方法 「ゲーム感覚で」

おはようございます!

CA,GS合格請負人の上野博美です

今週の授業は、「完全なる実践」で行なっています

本番の面接を想定しての、面接です

新卒面接解禁まであと1ヶ月半

話には聞いていても、実際に自分が受けるとどうなるのか、を

体験し、自分の課題を克服していく期間に当ててもらっています

私も真剣ですし、生徒さんたちも真剣です

デッドライン(締め切り)がある中での授業は

緊張感でいっぱいです!

この緊張感が好きなんだな、と思います

「何がなんでも合格したい」と思っている生徒さんと

「合格させたい」と思う私

そのエネルギーが一緒になって、合格まで走り続けられるのだと思います

頑張ります!

「大変なことを乗り越える方法 ゲーム感覚」

大変

困難

は、誰でも避けたいですよね

でも、それが降りかかってくる時があります

私が大変だったことは

① 小学校4年生の時のいじめ

(クラス女子全員が、私と半年間口を聞いてくれませんでした)

② 自分で望んで就いた客室乗務員の仕事での訓練

③ 客室乗務員の仕事の難しさ

④ 以前勤めていたエアラインスクールを開講されたこと

(経営事情の悪化により)

⑤ エアラインスクールを立ち上げた一年目(赤字で、

自律神経失調症になりかけました)

⑥ プライベートでは、家族の死

色々ありましたし、これからも色々あるかもしれません

人の死、は今回除いて、それ以外の大変なこと

をどうやって乗り切ったのか、について書きます

「ゲーム感覚で乗り切る」

です

大変なこと

はすべてゲーム感覚で乗り切りました

「毎日仕事をする先輩が変わる職場」であった、客室乗務員の仕事

「怖い先輩」や「厳しい先輩」がいるかもしれない

でも、自分がおどおどしていたら、本来の自分の実力は発揮できない

だからこそ、「周りの人との人間関係をうまくやっていくのも、仕事のうち」

と考えました

そこで、

「苦手な先輩」をゲームでいう「ターゲット」に見立てます

(私、ゲームやらないのですが)

でも、「ターゲット」は倒すのではなく、「攻略する」のです

この人のことを知り

この人と普通にお話ができるようになり

この人と良い人間関係ができ

この人と仕事をしても、おどおどしない自分になる

となれば

「攻略」

です

これがうまくいくと、次の「ターゲット」を見つけ、

攻略したくなります

「達成感」を感じるようになれば、あまり怖いものがなくなります

ゲーム感覚でやると良いことは何か

「感情を切り離せること」

です

好きとか嫌いではなく

「攻略」に一生懸命になれた

のです

「やるしかない」

と思ったとき、邪魔になるのは感情です

好き嫌いの感情や不安は、結構厄介なものだと思っています

嫌いと思うと、何もやる気が出なくなる

嫌い、でその人と距離を置くことができればいいですが、

仕事はそうはいきません

だからこそ、「ゲーム感覚」

大変なことこそ、力を抜いて「遊び感覚」になれたら、きっと楽なんだと思います

ただし「攻略」の意味を間違えないようにしないといけません

(ここは、またまとめて書きます)

「感情を切り離す」については、今後書いていきますね

まとめ

「大変なことこそ、ゲーム感覚で」

ゲーム感覚になれば、面倒な感情を切り離し、その目の前にある

タスクに集中でき、乗り越えられる

遊び感覚、って大事なんだな、と思うこの頃です

 CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら