客室乗務員になることよりも、大事なこと

客室乗務員になることよりも、大事なこと

おはようございます!

CA,GS合格請負人の上野博美です

昨日、ずっと取り掛かっていた仕事が終了しました

あとは、販売スタートに向けて準備するだけです

思い立ってから完成まで、少しづつ少しづつ作業を進めてきましたが、

終了するときは、意外とあっと言うまでした

なんでもそうですが、

「慣れるまでが時間がかかる」

「慣れれば、時間短縮はいくらでもできる」

つまり、車と一緒で走り出す時が一番ゆっくりで、

走り始めれば、スピードを出せるということですね

改めて、初動の大変さ

でもそこでくじけない、コツコツと続けることの

大切さを感じました

「正しい方向で準備できるように」

そういう願いを持って、このツールを作りました

販売まであと少し、頑張ります

「客室乗務員になることよりも、大事なこと」

エアラインスクールの先生らしくない言葉かもしれません

しかし、私は未来塾を立ち上げた時から、いえ、その前に

エアラインスクールで教えていた時から、ずっと生徒さんたちに

言い続けてきました

「客室乗務員になるだけが人生ではない」

と・・・

一方で

「合格すると、人生が変わる」

とも言っています

一見矛盾しているようですが、事実です

「客室乗務員になるだけが人生ではない」

というのは、大人の人ならば誰しもわかると思いますが、

客室乗務員になるというのは、スタートであって、ゴールではない

また、客室乗務員になって幸せと思うかどうかは、誰にもわからない

なぜならば、「幸せの基準」は人によって違うから、です

そして、「どのような人生を生きていきたいか」を考えることが先で、

その途中に

「客室乗務員になる」

という選択肢があるのであれば、良いと思います

でもまずは

 

「どんな人生を歩みたいか」

 

の方が先に考えた方が良いと思っているからです

もちろんすぐにわからなくてもいい

もちろん完全に具体的でなくてもいい

 

でも、自分の心と対話してみれば、

「人と同じ人生がいいのか」

「人と違う人生がいいのか」

くらいはわかるはずです

 

人の生き方は様々で、それを選ぶ権利は今の日本にはあります

そして、それを選べば、あとは本人次第でそれが叶う国でもあります

叶わなければ、場所を変えてもいい

叶わなければ、海外に行ってもいい

のです

先日より、塾の生徒さんたちが

「私がやりたいと思うことは、違うのかもしれない」

という人たちが出てきています

私が、授業の際に時々

この「根本」「根っこ」の話をするからかもしれません

でも、この競争率の高い試験を突破していくためには、

本人の意思が最も大事です

どうしても客室乗務員になりたい

その気持ちがなければ、なかなか最後まで頑張ることはできません

でも、その気持ちを確認できて、本当に私は(     )という理由で

客室乗務員になりたい、と思うことで最後まで頑張れ、

入社後も短期間で辞める人は、全くいないからです

20年間ほど、高校で進路講話をしてきた経験と

大学で就職支援、マナーセミナー、面接セミナーをしてきた経験から

そして何より私自身が、少しだけ人とは違う方向で生きてきたからこそ、

若い人の「○○したい」という気持ちを応援したいのだと思っています

昨日相談に来られた生徒さんの背中も、思いっきり押しました

それは、本人が「本気」だと思ったからです

自分の人生は自分のもの

自分の人生だけは自分の思う通りに生きられる

そこに正解や間違いはない

ただ、自分が今幸せかどうか、だけ気にしながら生きていけばいい

若い時ならなおさらです

私は、そう思っています

若い人たちの進路、キャリア相談を始めたいと思っています

エアラインに関係がない人たちでも、20代から30代前半までの方々の

進路相談、キャリア相談も受け付けを開始します

仕事のこと

進学のこと

キャリアステップのこと

近々メニューを作成します

今日も、頑張りましょう!

 CA, GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら