客室乗務員に求められる、理想の身長と体重ってあるのでしょうか

客室乗務員に求められる、理想の身長と体重はあるのでしょうか

CA,GS合格請負人の上野博美です。

あなたは、客室乗務員と聞くと

スタイルが良くて、

背が高くて、

すらっとしているイメージ、

と思っているのではないでしょうか?

実際に飛行機に乗っても、客室乗務員の人がとても太っているとか、

とても背が低い、と感じたことは少ないことと思います。

(時々、年配の方でふくよかな方はいらっしゃいますが)

 

では、面接中面接官は、「身長、体重」をどのように評価しているのでしょうか?

 

今までの生徒さんたちの合格実績に基づいて、お伝えいたします。

「身長は、160センチ前後」

「体重は、身長マイナス100程度」(160センチの方は、50キロくらい)

の方々が、実際に合格しています。

健康診断の際に、身長、体重は計っていますので、高いヒールを

履いていたとしても、この時点で本当の身長、体重がわかります。

身長について、募集要項には一切の記載がありませんが、

実際の業務において考えてみてください。

大型機の航空会社(JAL、ANA)は、上の棚に手が届くことや、

ギャレー(ミールなどを準備する作業場所)の上の棚に手が届く必要はあります。

(アシストステップと言われるものはあるので、そこを使うことができますが、

それを使っても届かない場合は、やはり作業をする上で困ります)

体重については、業務上の理由というより、完全に「見た目」の問題と、

あまりやせすぎ、太り過ぎは、「体力と健康」に不安を感じられることがあるからです。

では、身長が低いから、体重が多いから、という理由で不合格になるのか?

という疑問をお持ちの方も多いと思います。

JAL、ANAのような大型機の場合、身長はやはりある程度は必要だと言えます。

(業務上の理由から)

小型機の航空会社の場合は、また別です。

(詳細は、控えますが)

体重は、アピアランスの問題として、(つまり見た目)評価はされていると私は

思っています。

今まで、生徒さんで最高8キロのダイエットに成功し、今年はANA、

昨年はJALとANAに内定を取った方々がいらっしゃいます。

合格の際、「ダイエットしていなかったら、私は絶対に合格していません」と

お二人とも言われていました。

 

まとめ

「客室乗務員の理想の身長と体重」は、航空会社によって違いがあります。

航空会社別に知りたい!という方は、

11月3日にオープンスクールでお聞きください。

オープンスクール11月

ここでは、どんなことでも質問していただいて構いません。

質問しにくいことでも、

調べてもなかなか出てこない情報でも、

なんでもお答えします!

詳細はこちらをご覧ください。

オープンスクール

CA, GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら