客室乗務員になるために、絶対に必要なことマインド編

 CA,GS合格請負人の上野博美です。

突然ですが、次の質問にイエス、かノーか、で答えていただきたいと思います。

①あなたは、客室乗務員になりたいですか?

②あなたは、絶対に客室乗務員になりたいですか?

③あなたは、何がなんでも客室乗務員になりたいですか?

④あなたは、来年には絶対に客室乗務員になっていると多いますか?

いきなり4つの質問をしましたが、全てにイエス、と答えた方は、

ここから先は読まなくても良いです。

①と②は、ほとんどの人がイエス。

③は、半分くらいの人がイエス。

④は、三分の一くらいの人がイエス。

と勝手に予想をしました(笑)

これってなんですか?

と思われたと思いますが、これこそが、客室乗務員になるために絶対に

必要なこと」のマインドの中でも、一番大事なことです。

客室乗務員になるために、絶対に必要なことマインド編

一言で言えば、

「客室乗務員になる覚悟」

です。

「覚悟」できていますか?

③と④は、覚悟ができている人でないとすぐにイエス、とは言えないのです。

覚悟ってなんですか?

客室乗務員になるためには、自分を180度変えることもいとわない。

つまり、自分を変えるつもりで、受験準備をしている、ことです。

覚悟ができている人は、このように考えます。

①自分が合格するために必要なことは、なんでも最大限努力する

②自分が合格するために必要なことは、すぐにやる

③自分が合格するために、難しいと思うことでも、少しづつでも

近づくようにやり切る

④自分が合格するために、自分を変え、そのせいで友達が離れていく、

(あなたが変われば周りは変わりますから)でも新しい友達ができる、

ことも全く問題ない。

⑤自分が合格するために、今の居心地の良い場所から離れる事、

つまりエアラインの常識に近づくことも問題ない。

これらに全てイエス、と言える人は、覚悟はできています。

では、覚悟ができやすい人ってどんな人なのでしょうか

一番覚悟ができやすい人

現役の客室乗務員の方

今あなたがいる世界が、エアライン業界で、且つ客室乗務員という

仕事をしている人であれば、かなりすでに近い場所にいることになります。

しかし、会社を変えるということは、今いる場所が居心地が良いとすると、

そこから意識も、取り組み方も変えていく覚悟が必要です。

それができないまま受験をしていても、なかなか転職活動はうまくいきません。

今年のANA既卒合格の方に、現役客室乗務員の方がいらっしゃいました。

この方は、覚悟はしっかりと、自然とできていました。

あとは、テクニック的なこと、と魅せ方をお教えすることで、合格された、と

私は思っています。

覚悟ができやすい人のその2は、明日お届けしますね。

最後に

覚悟ができている人、は、「本気で客室乗務員になりたい人」なんです。

本気でやらないと、永遠に合格はないんです。

あなたは本気ですか?

本気だと思い込んでいただけでしょうか?

これをご自分に問いかけてみてくださいね。

CA, GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら