客室乗務員になるために、絶対必要なことマインド編②

CA,GS合格請負人の上野博美です。

昨日の続きをお届けします。

客室乗務員になるために、絶対に必要なマインドは

「何がなんでも客室乗務員になりたいという覚悟」

と、言いました。

そして、その覚悟ができている人

ナンバー1は、「現役客室乗務員」

の方だと書きました。

では、ナンバー2をお届けします。

それは、

「自分自身をよく理解している、客観的に見ることができている、素直な人」

です。

皆さんの予想とははずれてしまったかもしれません。

元客室乗務員

現役グランドスタッフ

の人ではないか、と思ったかもしれません。

元客室乗務員の方は、「経験があるから」ということに

安心をしてしまって、「自分には適性があるはず」と思い込んで

いることがあります。

実際に採用された時は、適性があると思われていたのかもしれませんが、

仕事に慣れてきたり、仕事にあきらめや、手抜き(全ての人ではありませんが)

が出ていた場合、以前客室乗務員をしていたからと言って、必ずしもそのままで

合格できるとは限りません。

だからこそ、本当は「自分を変える努力」が必要なのですが、それに気づいていない

方は多いです。

現役グランドスタッフの方については、「客室乗務員の本当の仕事」について

理解をしていない方は多いようです。

近くで見ていても、そこに「憧れ」の思いがあると、本当の仕事は見えにくいです。

もちろん今まで、元客室乗務員、現役グランドスタッフの方々で、合格された方々は

いらっしゃいますが、仕事理解はしっかりとしていただきました。

さらに、

「グランドスタッフだから、エアラインのことはわかっている」

と思い込んでいると、自分を変えていかないといけない、という意識はあまり

持てないかもしれません。

あなたが足りない部分をあなたはわかっていますか?

あなたが足りない部分をあなたは認めていますか?

あなたが足りない部分をあなたは向き合って克服しようとしていますか?

それに早く気づいて、

早く取り組んだ人が、来年の合格を勝ち取ります。

今日1日は、明日は戻ってきません。

悔いのないように、1日1日を大事にしてくださいね。

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら