客室乗務員に必要な能力

客室乗務員に必要な能力

CA,GS合格請負人の上野博美です。

今日は、客室乗務員に必要な能力についてご紹介します。

面接官はこの能力についても、質問で聞いてくることもあります。

ぜひあなたにこの力があるかどうか、考えながら読んでみてくださいね。

 

「熱中力」

この力は、客室乗務員になる際にも大事だと思いますし、

その後の人生においても大事な部分だと思います。

一つのことを始めると他が見えなくなるくらいに、

一生懸命になっている、という意味です。

一生懸命にやらないといけない、ではなく、

一生懸命になってしまう、といういい方が正しいと思います。

以前の生徒さんで、エントリーシート添削が苦手だと

自覚して、そこからエントリーシートを完璧にするために

徹夜して、完璧にしてきた生徒さんがいました。

私が一度でO Kと言っても、信じてくれず

「本当にこれでいいですか?ダメなところは言ってください」

と言ったほどです。

また、大変な状況ほど、一生懸命になる、という人もいました。

アルバイトで60名満席の状態の際、店長と自分の二人だけで

やらないといけない状況の時が、最も燃えた、らしいです。

「追い込まれると力が出る」

「火事場の馬鹿力」

なのかもしれません。

でも、その状況を

「楽しい」と思えるのです。

これは、現場職である、客室乗務員やグランドスタッフには

とても大事な力です。

大変な状況を楽しめる

大変な状況に集中できる

それを解決するまで、決してやめない、あきらめない

客室乗務員の仕事は「なんとかするしかない」という

状況がとても多い仕事です。

それも時間内に。

この仕事を経験したおかげで、私の諦めない、粘り強さ、でもなんとかする

工夫する力が身についたと思います。

もちろん、子育てをしながら仕事をしていたことも大きいです。

追い込まれても諦めない

追い込まれてもなんとかする

そんな力をぜひあなたも身につけて欲しいです。

 CA, GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら