客室乗務員合格には必須なのに、最近の受験生に欠けていると思うもの

CA, GS合格請負人の上野博美です。

さて、あなたは今まで何か一生懸命にやってきたことはありますか

それは、一つだけですか

複数あります、と言った人は、ではそれは同時進行でやっていましたか

そう、今日のテーマは

「客室乗務員合格には必須なのに、最近の受験生に欠けていると思うもの」

です。

必須なのに、欠けているとしたら、それは大問題ですよね。

最近、多くの方に欠けているな、と感じています。

それは、

「同時進行能力」

です。

数年前からこれに気づいていましたが、最近はほとんどの人が

これが苦手だと感じます。

一つのことだけ、一生懸命やってきました、という人は多いのですが、

例えば

「受験勉強に専念するために、習い事をやめました」

とか

「アルバイトの時に、たくさんお客様に注文をされると、忘れます」

さらには

「面接官が言った質問を覚えていないんです」

まで・・・

つまり、聴きながら考える、という同時進行が苦手なのです。

でも、客室乗務員はお客様の分かりにくい話でも、しっかりと

聞いて、その意図することを聞き取れる、理解できる力がないと

つとまりません。

そして、何より問題はこのことにもちろん面接官も気づいていて、

それを面接でちゃんと確認しているということ。

面接官は、このようにしてあなたの同時進行能力をチェックしている

面接質問が長文になっていること

同時に二つ、三つの質問をしていること

これらは、全てそのチェックのためだと私は分析しています。

では、どうしたらいいのか?

対策として

現在販売中のダウンロード商品、

「JAL、ANAカテゴリー別質問集&答え方のポイント」

には、

「長文質問」「ダブル質問」の項目を作って、そこに詳細は

書いていますので、もし興味がある方はこちらからご覧くださいね。

JAL、ANAカテゴリー別質問集と答え方のポイント

ここでも、「どうしたらいいのか」について一つお伝えします。

「普段から同時進行すること」です。

アルバイト中に、自分の仕事をしながらも周りの状況を見る。

仕事中に、自分の仕事をしながら周りの人が話していることを聞いている。

料理を作りながら、洗い物をする。

など、です。

一つ一つやるのではなく、同時進行が当たり前で、料理を作り終えた時には

キッチンもきれい、という状況を作るのです。

考え方を変えてください。

「できない」

のではなく、

「できる」

に変えるのです。

客室乗務員になるためだけでなく、これは今後のあなたの人生においても、

時間短縮になりますよ。

仕事、家庭、育児の両立をするためにも、ですね。

ぜひやって見てくださいね。

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら