グループデイスカッションあるある、と対策法

CA、GS合格請負人の上野博美です。

突然ですが、現在受験準備中の方に質問です。

 

1 あなたは、グループデイスカッションは得意ですか?

2 グループデイスカッションの練習をしたことはありますか?

3 グループデイスカッションで困ることは、何か知っていますか?

今日は、これらの不安や疑問にお答えします。

グループデイスカッションあるある、と対策法

1  メンバーが選べない

→これが、最も大変なことです。

良いメンバーに恵まれれば、あなたの力を発揮しやすいですが、

そうでなければ、なかなか通過することができません。

実際に、1人のメンバーによってかき回されてしまって、

残念な結果に終わった方もいます。

(もちろんできる対策はありますが)

対策

大事なことは、どんなメンバーになっても、あなたができることを

やる、ことです。

そこはちゃんと面接官は見ています。

2 沈黙が続く

→CAのGD(グループデイスカッション)ではあまりないのですが、

 GS(グランドスタッフ)のGDでは見られることがあります。

沈黙が多いGDは評価されません。

ぜひ、あなたがこの沈黙を破るように

しましょう。

対策

前に意見を言った人に、質問をすることでも良いです。

自分の意見があれば、意見を言ってもいいです。

3 1人の人がずっと話し続ける、話をするタイミングがわからない

→おとなしいタイプの人は、この傾向にあります。

対策

タイミングは見つけるものではなく、自分で作るものです。

あなたが、人の意見のすぐ後に話をすればいいのです。

その際に、前の方の意見を褒める言葉も入れるとさらに良いですよ。

4 まとめ発表を誰もやりたがらない

→あなたがやるしかありません。

誰も手をあげないようでしたら、

是非「では、私がまとめ発表をさせていただいてよろしいですか」

と、言って沈黙を作らず引き受けてください。

それも面接官は見ています。

対策

まとめ発表は、みなさんがまとめたものを発表するだけです。

ということは、まとめはみなさんでやるものです。

あとは発表の仕方を皆さんと確認して、代表者として発表すればいいのです。

細かい発表の仕方などについては、

「エアライン受験通信教育講座パート5」でお話、解説しています。

エアライン受験通信教育講座

まとめ

グループデイスカッションは、「練習あるのみ」です。

違うメンバーと練習を重ねていきましょう。

そして、グループデイスカッションの達人、になってくださいね。

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら