エアラインの合格基準を知っていますか?

CA,GS合格請負人の上野博美です。

あなたは、どのレベルに到達すれば、エアラインに合格できるか

知っていますか?

「はい」

と答えた方は、この先は読まなくて良いです。

しかし、ほとんどの方が知らないと思います。

そして、会社によっても実はちがいます。

ただ、今日は会社による違いは置いといて、一般的に

どのレベルに達していたら、合格できるのか、について

わかりやすくお伝えしますね。

エアラインの合格基準

1 テストセンターで、6割から7割以上取れる

2 TOEICは600点以上

3 面接で落ち着いて答えられている

4 面接の9割以上の質問に対して、面接官が納得する内容と

話し方で話ができている

5 接客要員として、誰がみても感じがよく、裏表がない

6 メンタルの強さがあると感じられる

7 面接中も冷静で周りをよくみて行動ができている

8 CAの場合、CAとしての存在感、アピール性がある

9 素直さ、成長意欲共に持っている

10  物事の見方、考え方が常識に則っている

10個あげました。

合格基準の特徴

スキル的な部分と、人間的な部分とに分かれているな、と

思いますが、どちらも大事です。

そして、人間的な部分については、短期間で養成することは

難しいです。

だからこそ、早くから私どもにこられた生徒さんたちはこの部分に

ついてかなり修正されています。

ただ、ちょっとした考え方次第で、変化していくこともありますので、

一人一人合格までの期間が違うのだと思います。

これが面接の中でわかるの?

と思った方々多いと思いますが、わかります。

面接官はこれらを見るために面接をしていると言ってもいいでしょう。

そして、面接官の意図に全く気づかず答える受験生がとても多いです。

もったいないことです。

合格のための対策

1 上記の10 個の中で、できていないものを

まずは取り組んでください。できるものからやりましょう。

2 自分の力だけでは難しい、判断ができない、と

いう場合はプロを頼るのも一つです。

新卒の方々は、とても大事なチャンスです。だからこそ後悔をして

欲しくないな、と思います。

 

近々皆さんたちに「エアライン面接体験」をしていただく機会を

作りたいと思います。

詳細は後日お伝えしますね。

 CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら