2019と2020エアライン受験変化点

CA, GS合格請負人の上野博美です。

現在4年生の皆さんは、就職活動はいかがですか?

進んでいますか?

「はい」と言った方は、きっとこの時期においても

順調に波に乗れているのだと思います。

しかし、「いいえ」「中断しています」「どうなるんでしょうか」

と思っている方々が多いと思います。

それは、2019年まで続いた「学生売り手市場」が一転して

「企業買い手市場」に変化したからです。

理由は言うまでもなく、「コロナ」です。

コロナにより、業績悪化。

先行きが見えない。

そんな企業が増えています。

もちろん航空業界も同様です。

ANAグループ新卒採用中断のニュースは、記憶に新しく、

またショッキングだったと思います。

だからこそ、2020就職は、「特別な年」となりました。

でもこの時期を乗り切って、「悔いのない就職活動」をしてほしいと思います。

ここでは、「昨年との変化点」「今後の対策」をお伝えしていきます。

「2019と2020のエアライン受験変化点」

1 募集枠が減った

→ANAグループ試験中断による影響がとても大きいです。

今後再開の可能性もありますが、夏の試験では460名の

CA枠が、ANAだけでも減ってしまいました。

ANAウイングス、ANAエアポートまで入れると、莫大な採用枠です。

2 大学のキャリアセンターが開いていない

→大学によって差があると思いますが、授業はオンライで再開された

大学がほとんどですが、キャリアセンターはまだ使用ができないと

思います。

つまり、面接対策ができない、相談ができない、と言う状況です。

3 採用数減少の予想

→JALグループは採用を続けていくようですが、その採用人数は

減る可能性があります。

(あくまでも予想ですが)

受験生にとっては、厳しい状況です。

では、このような状況の中どうすればいいのか、についてお伝えします。

2020エアライン受験を乗り切る方法

1 面接練習をしてくれる人を探す

→エアラインスクールでは、週に1、2度の面接練習が受けられ、

「どうしたらいいのか」と言う具体的な弱点と克服法を教えています。

(私どもでは、そうです)

そのような機会を少しでも得ることをお勧めします。

2 アピアランスの見直し

→自宅にいる時間が多い今、あなたの身だしなみ、メーク、髪型研究は

十分にできるはずです。

ネットでの動画などでメークの仕方も学べます。

ぜひ、第一印象アップに力を入れましょう。

3 SPIの勉強

→これからもSPI試験も続いていきます。

また中断しているTOEICも再開されるかもしれません。

今のうちにしっかり勉強して、レベルアップを狙いましょう。

まとめ

採用枠が減っても、採用はあります。

面接官から選んでいただける人材になること、それがあなたが

後悔のない就職活動をする方法、です。

時間を大事に、自己管理して、自分を客観的に見て、

足りない部分を補う時間にしてください。

私どもでは、30分から受講できるマンツーマンレッスンコースが

あります。

15分面接、15分フィードバックを行います。

(60分コースもあります)

マンツーマンレッスン

あなたの合格をお祈りしております。

 CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら