既卒試験合格に求められるレベル

CA、G S合格請負人の上野博美です。

既卒の方々は、今どのような気持ちでエアライン受験準備を

していらっしゃるでしょうか?

JALは募集があるのだろうか

書類通過しているところで、私は内定をもらえるのだろうか

 

と思いながら、今できることを準備している方は多いと

思います。

ただ、もし採用試験があったとしても、「とても狭き門」に

なると思っています。

生徒さんたちはその点を十分に理解して、今懸命に合格に

向けて準備中です。

昨日も既卒の方々のマンツーマンレッスンを行っていましたが、

課題点が、それも少し時間がかかる可能性がある課題点が

見つかっています。

これをしっかりと修正して、目には見えないけど、面接を

すればすぐにわかる課題をなくしていくことが、結局合格への

近道です。

では、新卒と既卒とでは何が違うのでしょうか?

3つにまとめました。

「新卒と既卒で求められることの違い」

1 社会人としての常識、自覚、責任を果たしていること

2 お金をもらって仕事をしている以上、現職で貢献できていることが

あり、さらに日々仕事に注力していること

3 年齢を重ねている分、新卒の方よりも深いことを考え、深いことが

話せること

一言で言えば、

「既卒に求められるものの方がずっとレベルは高い」

です。

ただ、入社2年目で合格した生徒さんもいます。(JAL)

ANAでは、入社一年目で合格した生徒さんもいます。

ただ、入社一年目の方は、学生時代にもかなり力を

入れたことがあり、新卒時に最終試験まで行っていると

いう方が多いです。

社会人経験年数によって求められること

つまり、

「社会人経験が短い場合は、学生時代に何をやってきたのかも

大きな意味を持つ」

「社会人経験がある程度長い場合(3年以上)その仕事を通じての

考え方や価値観が面接に滲み出てくる、ということです。

まとめ

社会人経験が短い方

今のお仕事を全力でやってあなた自身を大きく成長させること

社会人経験が長い方

仕事への考え方が間違っているならば、それを修正することが大事。

さらに、その仕事を通じてあなたがどう感じ、考えているのか、

をしっかりと言語化できていること、が求められます。

 

既卒の方々で、間違った価値観や、仕事への取り組み方の方は、私はとても多いと

思っています。

合格した生徒さん向けに書いた「社会人になる前に読む本」には、

私自身がどのような仕事への取り組み方をしたのか、ダメダメな

訓練生時代の話もご紹介しながら、書いています。

冊子版ですので、郵送でお届けします。

「社会人になる前に読む本」

社会人になる前に読む本

是非今のうちに「根本的な準備」から始めましょう。

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら