大人ブログ「失敗から学ぶ方法」

上野博美です。

あなたは、失敗は怖いですか?

できれば、失敗したくないですか?

失敗したとき、どんな気持ちになりますか?

おそらく、皆さんの答えは

「はい」

「はい」

「なかったことにしたい」

「何かの間違いだ」

「自分はなんてだめなんだって思う」

という方が多いのではないでしょうか?

私は、元航空会社客室乗務員、約7年間続けてきました。

チーフ、パーサーを経験し、後輩指導も務めてきました。

その私の新人時代は、実は失敗だらけでした。

現在は、エアラインスクールを経営しており、

毎日新卒、既卒の生徒さんたちを教えています。

 

では、なぜ私がこんな質問をしたのか、というと、

最近既卒の方々のレッスンなどをしていて、

「失敗から学ぶ力」が落ちているのを感じたからです。

そもそも失敗をしないように、しないようにしてきているのだと

思います。

大人たちも失敗しない子が良い子、とつい言ってしまいますよね。

学校の先生たちも優等生が好き、です。

もちろん、私も失敗はしたくないです。

だから、気持ちはわかります。

私は、皆様からは「失敗なんて無縁の人」と思われがちなのですが、

(ありがたいのか、どうなのかわかりませんが)

実は、全くその正反対です。

「失敗だらけの人間」です。

仕事においても、人生においても、です。

人生において、は今回は省略しますが、仕事においては

同期の中でも、一番先輩に怒られてきた自信があります。

(どんな自信だ、って言われそうですが)

なぜ私は怒られていたのか?

それは

1 不器用

2 そのくせ、挑戦はする

3 見た目とのギャップ

(しっかりしているように見られますが、

実はドジで、慌て者だったのです)

だったからだと思っています。

誰だって怒られたくないです。

だから私は、「怒られないためにはどうしたらいいのか」を

考えました。

ここまでは、おそらく誰も同じだと思います。

ただ、ここからが二つに分れると思っています。

失敗した時、あなたはどちらのタイプ?

1つ目は

「怒られたくないから、自分が一番に何かをやる、と

いうことをやめる」

「怒られたくないから、何もしない」

「失敗したくないから、全て先輩に聞いてからやる」

というタイプです。

2つ目は、

「怒られたくないから、自分ができなかったことを

徹底して復習して、できるようにしていく」

というタイプです。

私は、後者でした。

「失敗を避ける」

とか

「失敗が怖いから、何もしない」

という選択肢は、頭になかったのです。

私がなぜ失敗を避けなかったのか?

これは、おそらく私がドラムをずっと続けてきたことと

関連があると、後から思いました。

ドラムのレッスンは小学校四年生から続けてきましたが、

週に一回のレッスンの際に、先週教えてもらったことを

練習して、翌週にいきます。

そこで先生は私ができていると思っているのですが、間違えたり、うまく

いかなかったり、するわけです。

あまり怖い先生ではなかったのですが、やはり失敗すると

いやだ、恥ずかしい、という気持ちはありました。

だからこそ、翌週はできるように毎日毎日練習するのです。

つまり、「ごまかしが効かない習い事」だったから、この

癖が付いたのだと思います。

「失敗が怖いから、ドラムを演奏しない」ということは、

もう習い事をやめるしかなかったのです。

だからこそ、客室乗務員になってからも、「できないことは次回までに

できるようにすること」を念頭において、自宅で復習を

続けました。

するとどうなったのか?

いつの間にか、仕事ができる人になっていたのです。

最初は全然できていません。

先輩に怒られたことばかりです。

でも、私がやったことはたった一つ。

「失敗から学んで、練習し続けた」

だけです。

でも、今は「失敗しないように何もしない」

という人が増えているように思います。

それではいつまで経っても、成長はできませんし、

仕事ができるようにもなりません。

年齢、キャリアを重ねても何も変わらない、中身は

新人のまま、です。

いつしか後輩に追い抜かれるかもしれません。

そんなもったいないことをして欲しくないです。

部活動でも、何度でも練習してできる用意になったことはありませんか?

習い事も何度も練習して、ようやくできるようになったことはありませんか?

それと同じです。

では、どうしたら失敗から学べる人になれるのでしょうか?

1 できなかったことは素直に認め、それをその日のうちに、

絶対にできるように練習、復習して翌日仕事に行く。

(事実を認め、練習する)

2 失敗したことや、先輩からどのように怒られたのか、は

忘れる。(感情の切り離し)

3 なぜ失敗したのか、を追求し、2度と同じ失敗をしないためには

どうしたらいいのか、を真剣に考える。わからなければ徹底して

先輩に聞く。

(問題発見と問題解決)

最初はなかなか難しいかもしれません。

怒った先輩を恨むかもしれません。

失敗をなかったことにしたいかもしれません。

でも、これら全てがあなたの成長の妨げになります。

あなたが、本気で成長を望むのであれば、ぜひこの3つを

やってみてくださいね。

お知らせ

このような「仕事術」「職場の人間関係」「仕事がうまく行く考え方」

などを、Facebookの秘密のグループで公開し、無料セミナーが

受講できる「オンラインサロン ヤングキャリア相談室(仮称)」を

7月1日からスタートします。(月会費は有料です)

私への質問もし放題です。

あなたのキャリアップ、そして仕事ができる人になる、を実現していきます。

詳細は、近々お知らせしますね。

上野博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら