エアラインニュースあれこれ

CA,GS合格請負人の上野博美です。

今日は、「エアラインニュースあれこれ」

と題して、ここ最近のエアラインニュースと

私なりの解説をお届けしたいと

思います。

エアラインニュースあれこれと分析

  ソラシドエア試験日程決定!!

延期となっていた、新卒のソラシドエア試験が

正式に決まりました。

9月ということですが、月曜日から予約がスタートする

そうです。

2ヶ月間の準備期間があるということですから、

是非ソラシド対策を万全に行いましょう。

ソラシドエアの試験については、私は「ある」と

思っていましたし、生徒さんたちにもお伝えしていました。

私は、エアラインのニュースの中で「あるテーマ」

を元に、試験再開があるかどうか、を予想しています。

そのテーマは、ここでは書けませんが、

ニュースの事実だけではなく、そこから分析することで

いろんなことが見えてくると思っています。

今後再開が予想されるエアラインは、リージョナルで、

大手グループ会社もありますが、それ以外の会社も

「ある」と予想してます。

② ソラシドエア、後期日程試験中止

これは、楽観的な性格の人には相当な衝撃だったようです。

「事業計画の見直しにより」

という一言があったそうですが、これも仕方がないことだと

思います。

逆の立場で考えてみてください。

前期で提出している人たちは、ソラシドへの志望度が

高い、と思われます。

だからこそ、前期日程の方々には試験実施を決めたのだと

思います。

私は、以前から「書類は早めに提出すること」と、生徒さん

たちに口を酸っぱくして言い続けています。

でも、楽観的な性格の人はギリギリになってしまう、

また「後回しにしてしまう」

ということがあります。

今回、後期日程で出していた人たちは、相当なショックだと

思いますが、既卒の方々もこのニュースを聞いて、

「やっぱりなんでも早めでないとダメなんだ」

と改めて実感したようです。

痛い思いをしないと、なかなか欠点は治らない、と

いうことがあります。

是非この教訓を皆さん胸に留めて置いてください。

  国内線復活、国際線は少しだけ復活

国内線は、ほとんどのエアラインで70%前後の

復活率となっています。

これは、とても嬉しいニュースです。

大手エアラインの売り上げの半分程度は、国内線だからです。

ただ、国際線については日本はコロナが落ち着いていても、

海外が落ち着いていなければ、飛ばす事はできないため、

徐々に、という感じです。

自分の国さえ良ければいい、ということではなく、

エアラインの完全復活のためには、世界中のコロナが

落ち着く必要があります。

このことからも、国内主体の会社の復活は早い。

国際線を多く持つ会社ほど、復活は遅い。

ということが言えます。

是非、参考にしてくださいね。

「ソラシドエア試験突破講座」

申し込み受付中です。

全ての試験内容をカバーしています。

詳細はこちらをご覧ください。

ソラシドエア試験突破講座

CA、GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら