ソラシドエア一次試験内容と分析

jCA、GS合格請負人の上野博美です。

航空業界を目指す方々に向けた、他には

ない情報をこのブログで提供しています。

はじめに

最近飛行機に乗っても、お客様の数は

増加傾向にあると思っています。

国際線の復活はまだまだ時間がかかりそうですが、

国内線から徐々に復活を始めているようです。

このままコロナが落ち着いた状態であることを心から

願っています。

「インスタライブのお知らせ」

9月19日土曜日 15:00からです。

ブログやLINEでは書けない事を

お話しするので、録画はしません。

リアルタイムでご参加ください。

インスタフォローをご希望の方は

airlinemiraijuku

からフォローしていただけたら、と思います。

さて、今日は

「ソラシドエア一次試験について」

お届けいたします。

ソラシドエア一次試験について

すでに受験を終えた方々が多くいらっしゃると

思います。

結果発表は少し先ですが、二次対策を始めた方も

多いのではないでしょうか?

(もちろん、早めに準備はしておいた方が良いです)

一次試験内容と分析についてお届けします。

ソラシドエア一次試験はこのように実施されています。

グループ面接のみ。

マスクなしの面接。

質問は3問程度。

深堀ははほぼなし。

面接官は優しく、熱心に聞いてくださった様子。

どの日程でもほぼ同じ質問。

面接官の反応も薄い。

グループデイスカッションも、グループワークも

実施されませんでした。

「私はこのように一次試験分析をしています」

  質問で何を答えたか、よりも、

どのように答えたか、面接中、それ以外での

その方の印象が重視される。

これについてはご本人は多分自分で気づいてないことが多いです。

面接官は冷静に、受験生を見ていた。

(結構ここは深い意味があります)

話し方や言葉の選び方も重要。

つまり、

「答えたることが出来たかどうかよりも、

受験生自身が気付いていない部分で評価された可能性が大きい」

です。

さらに、

「一次通過率は、50%以下と予想」

しています。

「私はちゃんと答えられた!」

と思っていても、通過していない可能性が高いです。

今後何を準備すると良いのでしょうか

企業研究は引き続き一生懸命に行うこと。

  あなたがどのような印象(表情だけではなく、

話し方など全体的に)を与えているのか、を

明確に知ること。

  ソラシドエアの求める人材像に近づくこと。

 

です。

 

全ての項目を短い期間で達成するのは難しいですが、

是非一つでも多く克服してくださいね!

あなたの一次試験通過を、心からお祈りしています!

CAGS合格請負人

上野博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら