人生、進路に迷った時

CAGS合格請負人の上野博美です。

航空業界を目指す方々に向けた、他には

ない情報をこのブログで提供しています。

2020ショックで、大変な状況の航空業界ですが、

少しづつ国内線での復活を感じます。

航空業界を目指すあなたへ、有意義な情報を

できるよう、毎日更新中です。

今日は、

「人生、進路に迷った時」

と言うテーマでお届けします。

現在の相談会内容

現在、月に数名の方々から、

エアライン受験相談を受けています。

と言っても、エアラインだけに関わらず、

人生全般の相談になることもあります。

誰でも、悩む、迷うと言うことはあることなので、

「私自身どうだったかな」

と言う自分の経験と、

「目標がエアライン合格ならば、プロとして

どうアドバイスするべきか」

を、考えながらお答えしています。

そこで、今日は私自身迷った時どうだったのか、を

思い出してみます。

私が進路に迷った時

一度目は、就職について悩んだ時。

今まで10年以上目標とし、両親に

お金をかけてもらって続けてきた、

音楽の道を断念することになった時です。

 

応援してくれた両親への申し訳なさ

自分が信じていた道が違っていたと分かった絶望感

 

そんなものもあり、なかなか母にいえませんでした。

でも、「働くのは自分」

だからこそ、自分の思ったように生きるしかない、

と思い、音楽の道を辞めることを決断しました。

2つ目は、

未来塾を開く時も悩みに悩みました。

どこかの専門学校で教える方がいいのではないか、

と散々思いましたが、そのスクールでトップの方針転換についていけず

解雇されたことから、

 

「また同じことがあったらどうしよう」

 

と思い、ピアノ教室を主宰している友人や、

洋服店を経営している母に話を何度も聞いて、

 

「ダメだったら会社員に戻ろう」

 

と思って未来塾を開くことを決断しました。

他にも悩んだことはありますが、

私の場合「ダメだったらやり直せばいい。

でも今は自分が思ってる通りに進もう」

と思って決断しているように思います。

でも結局何とかうまく行ってる気がします。

もちろん、今でも思ってます。

 

「間違ったらやり直せばいい。。元に戻ればいい」

 

と。

そう考えれば、ちょっと気が楽になりますし、

今自分が考えている事に挑戦したくなりませんか?

 

「経験したことは無駄にならない」

 

よく言われる言葉ですが、本当にそう

思います。

高校と大学で約20年間、

3,000講演以上やってきた経験は、ラジオ配信や、

オンラインセミナーに役立っています。

ブログを12年間続けてきた経験は、電子書籍

出版に役立っています。

「やりたいと思ったことはやってみる」

基本的には、これで良いと思います。

ただ、今は時代の転換期なので、以前はOKだった事が、

今は違う、と言う事もあると思います。

自分で判断はできないかも、と思った時は

「エアライン受験個別相談会」

にお越しください。

現在、オンラインにて実施中です。

エアライン受験個別相談会

エアライン受験個別相談会

 

また、このような「人生、キャリアについて」

問題意識を持っている方々と、グループカウンセリンを

開催しようと考えています。

グループなら、他の方々の考えも聞けるので

参考になる事が増えるのではないかと

思っています。

詳細が決定しましたら、またブログ、LINE、ラジオにて、

お知らせします。

 

CAGS合格請負人

上野博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら