28歳で客室乗務員になれますか?

CAGS合格請負人の上野博美です。

航空業界を目指す方々に向けた、他には

ない情報をこのブログで提供しています。

 

 

2020ショックの今年ですが、このシルバーウイークは

ニュースになる程、羽田空港が混雑しているとか・・・

今日ホテルでお茶をしましたが、満席。

ショッピングモールもすごい人出。

マスクをしていることを除けば、まるでコロナ前に戻ったかの

ようでした。

このままコロナが落ち着いてくれますように、と願うばかりです。

 

 

このブログでは航空業界を目指すあなたへ、正確で

有意義な情報をできるよう、毎日更新中です。

そして、今日このブログがなぜか、多くの方に

読まれていると、Googleが教えてくれました。

「知らなきゃまずい、CA受験でやってはいけない事」

知らなきゃまずい、CA受験でやってはいけない事

です。

確かにほとんどの人が知らずにやっていることを

3つ書いています。

もし、これをやっているとしたら、それが原因で

あなたの受験がうまくいかないのかもしれません。

是非ご覧くださいね。

 

 

今日は、

28歳で客室乗務員になれるのでしょうか」

と言うテーマでお届けします。

本日エアライン受験相談会に来られた方のご質問でした

本日、エアライン受験個別相談会に来られた方から

同じような質問を受けました。

この方の年齢は、ちょっと違いますが、

20代後半の方々からは、

「この年齢で大丈夫ですか」

と言う質問をよく受けます。

 

私の答えは

「大丈夫ですよ」

です。

 

その理由は、実際に合格しているから、です。

以前であれば、20代後半はかなり厳しいと

いう状況でしたが、今の時代は違います。

28歳以上で合格された方の実例

例えばあるLCCに合格された方は、40代、

エアライン未経験の方がいらっしゃいます。

② 他のLCCに合格された方は、29歳でした。

③ 昨年はJAL29歳で合格した方がいらっしゃいます。

④ 5年ほど前に、28歳でANAに合格された方が

いらっしゃいます。

⑤ 随分前ですが、キャセイに30歳で合格された方も

いらっしゃいます。

 

「それを聞いて安心しました」

 

と、今日相談会にいらした方は言われていました。

一つ注意点があります

それは

「合格できるかどうかは、その方次第です」

誰でも、28歳で合格できるとは限りません。

会社が面接で「この方なら大丈夫」

そう思っていただいた場合、年齢はあまり重要では

なくなります。

ということは、人物次第、という事です。

20代後半の方が、合格するために必要な事

それは

「考え方は柔軟にしておきましょう」

という事です。

 

20代後半になると、どうしても社会人経験が

長くなり、「自分の考えが絶対」という方が

増えていきます。

(もちろん、そうではない方もいますが)

無意識のうちに、そうなっていることがあります。

 

そうすると、最も大事な「素直さ」がなくなっていくので、

受験には不利です。

自分の意見を持つことと、頑固は違います。

人のアドバイスや話をちゃんと聞いて、受け入れる人

でいてくださいね。

そうすれば28歳でも、合格できるチャンスは

十分にあります。

エアライン受験個別相談会では、個別のアドバイスを

しています。

今日参加された方も、最初の10分で、

「こんなにはっきりと言ってくださる先生がいるんだ、と

初めて知りました」

と言われました。

(過去のエントリーシートを見て、アドバイスした時です)

何を、どうしたら、あなたが合格に近づくのか、に

ついて、はっきりお伝えしています。

厳しくは言っていません。

事実をお伝えしています。

ご興味がある方は、こちらからどうぞ。

オンライン、または対面でも相談会を行っています。

エアライン受験個別相談会

エアライン受験個別相談会

CAGS合格請負人

上野 博美?

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら