卒業生たちの今

CA,GS合格請負人の上野博美です。

初めてご覧いただく方へ

このブログでは、航空業界について

独自の切り口で皆様の役に立つ内容を

お届けしているつもりです。

大きく転換するこの時期、航空業界は

とても深刻な影響を受けています。

そんな中、このブログを読んで

くださる方々に今日も前に進むヒント

をお伝えできたら、と思います。

今日は

「卒業生達の今」

というテーマでお届けします。

この時期、卒業生達はどう過ごしているのでしょうか?

ここ二週間ほど、卒業生たちに会う機会がとても

多くありました。

意図した訳ではないのですが、

「久しぶりに会いましょうか」

という問いかけをしたところ、返信してくださった

方が多かったということです。

月末にも卒業生に会う機会があります。

卒業生とは、こんな方々です

現役客室乗務員

現役グランドスタッフ

の方々です。

このコロナの今、彼女たちの日常はどうなっているのか、

をシェアします。

現役CA,GSのコロナ以降の日常

1 出勤日は減っている

2 お給料も減っている

3 お休みは増えている会社もある

つまり、時間はあるのです。

だからこそ、卒業生に会う機会が多かったのだと

思います。

 

では、彼女たちの話を聞いて、思ったことを3つあげます。

現役CA、GSに会って感じたこと

1 力を入れず、この流れに任せている

2 出勤した際のフライトを大事にしている

3 お休みの過ごし方に工夫がある

 

です。

 

心配はしているものの、この日々や状況を受け入れていて、

それぞれに日々の過ごし方を考えているな、と思いました。

 

また、国内線はお客様が戻ってきているという話を

聞いていますので、その点は彼女たちもうれしそうでした。

リージョナルの方々にはまだお会いしていないので、

今後お会いしてまた情報を集めていきます。

 

国際線が多い会社は、国際線の復活までは大変な

状況だと思いますが、国内線が主体の会社は

だんだんと元に戻りつつあり、減収率も20%台と

コロナの影響を最小限に抑えている会社もあります。

国際線が、エアラインの明暗を分けている状況です。

一方で客室乗務員を目指している方々は、

きっと「国際線を飛びたい」と思っている人が

ほとんどだと思います。

しかし、しばらくの間はそれが叶うのは、本当に

一部の会社だけになりそうです。

世界中のコロナが落ち着く日が1日でも早く

くるように願っていますが、しばらく時間が

かかりそうです。

この期間をどう過ごすか、ぜひ考えてみてくださいね。

お問い合わせをいただいています

キャリア、ライフカウンセリングを始めます!

どなたでも可能です。

年齢、性別も問いません。

11/15まで、特別価格です。

詳細はこちらから。

キャリア、ライフカウンセリング

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら