「飛行機に乗った際の私の観察ポイント③」

CA、GS合格請負人の上野博美です。

このブログが、エアライン受験を希望している方にお役に立てると嬉しいです。

今日のテーマは

「飛行機に乗った際の私の観察ポイント③」

です。

今日でこのテーマは最終回です。

「飛行機に乗った際の観察ポイント③」

私が飛行機に乗った際に見ているのは、

「客室乗務員の方の笑顔とアイコンタクト」

です。

 

これは皆さんも同じように見ていると思いますし、

意識せずとも「感じている」と思います。

その理由は、

これが客室乗務員の感じの良さ、に繋がるからです。

これが客室乗務員にものを頼みやすいかどうか、が決まるからです。

 

私が現役時代に先輩に言われた言葉

「キャビン(機内)を歩いて多くのものを頼まれる

客室乗務員になってください。

多く頼まれるということは、頼みやすいということですから」

 

と言われました。

 

その言葉を言われたのは、先輩がキャビンを一周すると、

10個近くのことをお客様に頼まれてギャレーに

戻ってきているのに、私が一周しても何も頼まれて

来なかったからです。

 

お客様にリクエストをたくさん頼まれる

客室乗務員が、良い客室乗務員なんだ、と

新人時代の私に刷り込まれました。

 

そのためには、どんな時も、どんな場所でも、

どんな角度でも、お客様が私たちを見ていると

いうことを意識していること、キャビンをゆっくり

歩くこと、一人一人のお客様と目を合わせるつもりで

歩くこと。

 

が大事です。

 

 

こうして書くととても簡単に見えますが、

これを毎回どんなに忙しい時でも続けていくのは、

なかなかできないことです。

だからこそ、CAの人たちがニコニコとこちらの

目を見てくださると、「すごいなー」って思うのです。

 

「きっと今日のメンバーがいいんだろうな」

とか

「この方はこの仕事が本当に好きなんだろうな」

とか

「この方は素晴らしい人なんだろうな」

と思います。

 

逆にあまり笑顔がなくても

「そんな時もあるよね」

と、その仕事の大変さがわかるゆえに思います。

 

仕事は、毎回同じパフォーマンスを出し続けるのは

誰にとっても、どんな仕事でも大変です。

でもこの時期コロナによって減ってしまったお客様が

戻ってきている今、ほとんどの客室乗務員は、

お客様がいらっしゃることに感謝し、嬉しく思っているのではないか、

と思います。

きっと客室乗務員の笑顔は増えているはずです。

 

どうぞ皆様も飛行機に乗る機会を持って欲しいです。

コロナにも強い、安全な乗り物です。

(換気が抜群ですから)

このコロナを乗り越えて欲しいと、エアライン業界には

強く思っています。

 

3回にわたってお届けしました、

「飛行機に乗った際の観察ポイント」

いかがでしたか?

皆様のお役に立てたら、嬉しいです。

ここでお知らせです。

今後、YouTubeでは「CA受験必勝チャンネル」

「上野 博美の言ってもいいかな」に加えて

「上野 博美の教養講座」

の3本立てで、お届けしたいと思っています。

エアライン受験対策には「CA受験必勝チャンネル」

人生全般お伝えしたことについては「上野 博美の言ってもいいかな」

就職、面接、マナー、については「上野 博美の教養講座」

でお話ししていきます。

チャンネル登録していただける方は、こちらから

お願いいたします。

YouTubeチャンネル登録はこちらから

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら