最終試験に行く生徒さんたちに、私が一番気をつけていること

CA,GS合格請負人の上野博美です。

今日は三連休最後でしたね。

私はマンツーマンレッスンを早朝から行い、その後

用事で外出しましたが、それはそれは人が少ない!!

 

「外出を控えてください」

 

と言われると、すぐに、極端に控える日本人。

素晴らしいとも思いますが、経済は本当に大丈夫

だろうか、と思います。

 

気をつけつつ、過剰反応しすぎないことも大事だな、と

思った日でした。

 

 

さて、今日のテーマは

「最終試験で、私が最も気をつけていること」

です。

最終試験に行く生徒さんたちに、私が最も気をつけていること

先日、本日と最終試験に行く生徒さんたちの

レッスンをしていて、改めて思ったことです。

 

そういえば、最終試験に行く生徒さんたちには

いつも私は気をつけていることがあるな、と。

 

 

本日も最終試験に行く生徒さんのマンツーマンレッスン、

そして先日も同じく最終試験に行く生徒さんの

マンツーマンレッスンを通して、再認識したことが

あります。

 

以前からも、最終試験に行く生徒さんたちに対して

私が気をつけていることがありました。

ほぼ全員の生徒さんが、「最終試験に呼ばれた時から」

同じ「症状」が出てきます。

 

その症状に、自分で気づいていないことが多いです。

しかし私は今まで生徒さんたちを見てきているので、

「おかしい症状」に気づきます。

そしてその症状が出ていることを告げ、

それをどうしたら完治できるのかを伝えます。

すると、次の時には少し症状が落ち着きます。

そうして、本番、最終試験の日を迎え、うまく

行くケースが多くありました。

 

最終試験に行く人に多い症状とは、なんなのでしょうか?

3つあります。

今日はそのうちの一つをご紹介しておきます。

「緊張から焦りが出ている」

ケースです。

これは、「自分が最終に呼ばれるとは思って

いなかった方」に多いケースです。

 

呼ばれると思っていない、つまりあまり欲が

なかったことが良かったわけですが、逆に

最終に呼ばれると、舞い上がってしまって、

でも考えると緊張してしまって、模擬面接では

今までになく、チグハグな答えになる、と

いうケースです。

 

さらに、「自覚症状がない」つまり、自分では

そこまで緊張したり、焦っていると思っていない

人も多いので、注意が必要です。

症状が出ているかどうかを知る方法

では、その症状が出ているかどうかを知る方法ですが、

「模擬面接を受ける」

のが一番です。

客観的に見てくださる人を見つけてください。

そして、もし「緊張から焦りが出ている」と

わかったら、「一次試験の時の自分を思い出す」ことです。

「次がまだある」と思っていた時は、そこまでの

緊張はなかったはず。

でも、もうこれが最後と思うことで、「この試験で

なんとか合格したい」というプレッシャーが焦りと

なってしまいます。

最終試験の後にもう一回くらい試験があるかも。。。と

いうように自分を騙してみるのも良いと思います。

少し気が楽になります。

 

そして本来やるべき準備を淡々とすることです。

最終試験準備で、本来やるべきこと

本来やるべきこととして、

1 企業研究

2 自己研究

を挙げておきます。

これは最後の最後まで諦めずにやってください。

そう、私は最終試験に行く生徒さんたちの

「メンタル管理」をいつも一番気をつけているのです。

まずは、メンタルの安定、そしてレッスンです。

メンタルを整えてぜひ受験に行って欲しいです。

あなたの試験の成功をお祈りしております!!

YouTubeのお知らせ

昨日からYouTubeで「エアライン受験難民」という

テーマで、お届けしています。

あなたはエアライン受験難民ではありませんか?

あなたはエアライン受験難民ではありませんか

CA、GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら