接客のアルバイトをしているから大丈夫、と思っていませんか?

CA,GS合格請負人の上野博美です。

このブログは、エアライン受験希望の方々に

役立つ情報を、と思い毎日更新中です。

 

今日のテーマは、

 

「接客のアルバイトをしているから大丈夫、と思っていませんか?」

 

というテーマです。

 

 

今カフェでアルバイトをしている方

 

レストランでアルバイトをしている方

 

ホテルでアルバイトをしている方

 

はきっと、このアルバイト経験がCA受験に役立つ、と

思っていることと思います。

 

確かに役に立ちます。

 

しかし、その経験が合格に絶対につながるか、と言うと実はそうではないのです。

 

採用担当の方も、

 

「アルバイトの話を聞いていても、それはあんまり役に

立たないけど、と思うことが多いんだよね」

 

という話を聞いたことがあります。

 

 

こうした事実を知らない人が多いので、ここでその理由と

どうしたらいいのか、についてお伝えしました。

 

アルバイトをしている人も、これからアルバイトをする人も

ぜひ参考になさってくださいね。

 

あなたはどこでアルバイトをしていますか?

 

カフェ

 

レストラン

 

ホテル

 

などでアルバイトをしている人は、それがCA受験に有利になると

思っていると思います。

 

確かに、今までの合格者の方々もこのアルバイトの経験をしていた

方々はとても多いです。

 

しかし、

「アルバイトの中身が重要」

ということに気づいている人は少ないように思います。

 

あまり役に立たないアルバイトの例

「アルバイト先の皆さんが優しく、なんでも教えてくれる」

 

「お客様は常連の方々ばかりで、いつも気さくに話をしてくれる」

 

「クレームの応対は、全て店長がやってくれる」

 

こういうアルバイト先は多いと思います。

 

しかし、これがダメなんです。

 

以前の生徒さんたちで、このようなアルバイトをしていた

方々には、アルバイト先を変えることを提案し、実際に

変えていただきました。

 

その結果合格した方々も多くいらっしゃいます。

 

では、どんなアルバイト内容が良いのでしょうか?

 

ここで、

CA受験の際に面接官がアルバイト経験で期待をしていること

を、3つお伝えしますね。

 

1 大変な経験

→店長が本当に厳しかった

お客様の求めるレベルがとても高かったなど

2 難しい仕事

→暗記がとても重要な仕事

すぐにできる仕事ではないもの

3 経験からあなたが学んだことが深い

→「観察力が」「笑顔が」と言う浅いものではなく、

「お客様は一人一人違うんだ」

「見てすぐに気づくためには、○○が必要だとわかった」

など、深い学びがあること

 

 

です。

 

 

与えられた仕事をそのままこなしていては、

アルバイトをしていたから大丈夫、ということにはならないのです。

 

さらに、もう一つ。

CAは、保安要員が95%の仕事。

 

接客はほんの一部であり、さらにそのサービスも、

セルフサービスのカフェの

アルバイトと、CAのサービスレベルは全く違います。

 

そこをしっかりと理解して、アルバイトをしていただければ、と

思います。

 

「まとめ」

1 アルバイトをするなら、難しい仕事に挑戦

2 アルバイトから深く学ぶ

3 大変な仕事を避けない

 

アルバイトをしているから大丈夫、と思っていると、

他に必要な勉強や、スキル習得が疎かになることがあります。

ぜひ、CAに必要な資質を理解して、日々をお過ごしくださいね。

資質については、また今後お伝えしていきます。

 

 

 

CA,GS合格請負人

エアラインスクール未来塾

上野 博美

 

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら