既卒の方々が合格のために超えるべきハードル(壁)

既卒の方々が合格のために超えるべきハードル(壁)

こんばんは!

CA,GS合格請負人の上野博美です

ちょうど一年前の今頃、合格者の方々が次々に塾に来てくださったことがあります

たまたまだったのですが、合格後にご挨拶に来てくださる方々が、

集中しました

ANA内定者 2名

JAL、ANA内定者(ダブル合格)  1名

ピーチ合格者(間も無く入社)   1名

が次々に来てくださいました!

 

本当に、改めておめでとうございますとお伝えしました

ピーチの入社間近の方は、すでに引っ越しも終えていて、

トレーニングのことを心配していましたが、もう一人前になっていますね

ピーチには2名の合格者が出ていますが、実は二人は同期にな理ました

お互い出身地や年齢も全く違う二人が、講座を通して知り合い、

同じ会社に入社して、同期になる・・・

すごい運命だと思いました

同じクラスで勉強していた人たちが、それぞれの航空会社の客室乗務員合格になり、

空港で違う制服を着て会う・・・

そんなことが毎年起こっているのです

合格者の方達に願うことはたった一つ

「素晴らしい客室乗務員、グランドスタッフになってくださいね」

ということです

合格は、通過点です

これから先がずっと大変ですが、きっと乗り越えていくことと思います

また、JALの最終試験が続行中です

ANAの最終試験も間近です

最後まで私も頑張ります

「既卒の方々が合格するために超えるべきハードル(壁)」

 

生徒さんたちのレッスンをしていて思うこと、気づくことはたくさんあります

 

能力

マインド(意識)

職業理解

 

の全てに壁があると感じます

職業理解は、特に以前から「厄介だな」と思っていたものです

人はどうしても自分の現状から物事を見てしまうから、です

それにほとんどの人が気づかずにいます

でもこれは志望動機などに大きく関わります

「保安要員」という言葉は知っていても、その内容をしっかりと

理解することはなかなか難しいようです

さらに最近感じるのは、「マインド(意識)」です

C A ,GSの方々はやはり意識が高いのです

そこに到達していなければ、どんなに面接練習をして、

自分が話すことを準備しても、全く意味がありません

「航空会社の面接は、一般企業とは全く違います」

今日きてくださった、ANA内定者の人はそう言っていました

「航空業界は、人間性を見ていますよね」と・・・

人の直接接する仕事で、

お客様からの評価が、会社の評価になる仕事ですから、当然といえば当然です

さて、あなたはこれらの壁、ハードルを超えられそうですか?

 

生徒さんたちには、当然随分前からこれらを伝えています

個人差がありますが、壁がない人はほとんどいません

そしてその壁を超えた時に、合格があります

自分の力で越えるのか

スクールの力を借りるのか

「自分が苦手なことは、誰かの力を借りればいい」

JALに合格した卒業生は、以前そう言っていました(笑)

ただ、「誰の手を借りるのか」も大事です

本当に、その人はあなたを合格の道に連れて行ってくれる
人かどうか、をちゃんと見て欲しいと思います

「元CA」
「現役CA」

というだけでは、十分ではない、というお話はよく聞きますので・・・

私は、一度お会いすると、その方がどのくらいで合格できるのかが、わかります

エアライン受験個別相談会では、
そのようなことにもお答えしております

明日は、レッスン、授業、レッスン、会食、と続きます

楽しみです!

 

CA,GS合格請負人

上野 博美

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら