客室乗務員に向いている人

CA,GS合格請負人の上野博美です。

このブログは、客室乗務員やグランドスタッフ希望の方々に、役立つ情報を、と思い毎日更新中です。

 

本日のテーマは

 

「客室乗務員に向いている人」

 

です。

 

 

「適性」とはちょっと違います。

 

合格するための適性というよりも、長く続けていくための適性、とお考えください。

 

客室乗務員になっても、長く続く人と、早く辞める人がいます。

 

辞める理由は色々あるようですが、

 

「向いていなかった」

 

ことが理由の場合もあると思います。

 

では、どんな人が向いているのか、何を事前に知っていたらいいのか、についてお伝えしていきます。

 

 

「客室乗務員に向いている人」

それは、

「客室乗務員の仕事を、苦痛に思わない人」

です。

 

 

「客室乗務員になりたくてなりたくて仕方がないのに、仕事を苦痛に思うわけないじゃん」

 

と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

 

でも、実際には「客室乗務員になってから、こんなはずじゃなかった」

と思う人は、ある一定数いらっしゃるのです。

 

 

もちろんそれはご本人が感じたことですから、間違っているわけではありませんし、

退職することも自由です。

 

 

しかし、このブログをご覧の方々はおそらく、

「長い間客室乗務員を続けていきたい」

と思っていらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

そうだとしたら、あなたが知っておいた方がいいのは、

「あなたが何に苦痛を感じるのか、何に感じないのか」

そして

「客室乗務員のリアルな仕事内容」

です。

 

チェックしてみてください

次のことを、あなたが苦痛と感じるかどうか、を想像しながら読んでみてください。

 

 

① 毎日違う人と一緒に仕事をする。常に新しい人間関係を構築しなければならない。

② 毎日違う時間に出勤し、違う時間に退社する。

③ 遅刻は始末書並みに許されない環境

④ 立ちっぱなしが数時間続く。

⑤ 常に人から見られている環境

⑥ 自分の責任ではないことで、怒られることが多々ある。

⑦ 一般受験での受験勉強なんて比較にならないくらいの、

ハードで、短期間の勉強を必要とする。試験に落ちれば再試となり、

みんなの前でそれが発表される。

⑧ 一人前になってからも、さらに教育期間は続き、次から次へと

勉強を続けなければならない。

⑨ 月に10日くらいは宿泊で自宅には戻れない。当然外食となる。

⑩ 土日休みではなく、人が休む時期が最も忙しい(年末年始、ゴールデンウイーク、夏休み、春休み)

 

 

ざっとあげてみましたが、いかがでしょうか?

 

いくつ「苦痛」を感じましたか?

「苦痛と思った数」を数えてもいいと思います。

 

 

全て苦痛と思わない、という人はほとんどいないと思いますが、

半分以上は、苦痛に思わない、という人であればおそらく長く続けて

いくことはできるでしょう。

 

また、10個の中で皆さんが知らなかったこともたくさんあったのではないでしょうか?

 

 

客室乗務員の仕事を、リアルに知らない人はとても多いです。

 

あの制服と、ニコニコ笑顔だけをみて、客室乗務員になったものの、

裏側にはこんなに大変なことがあったんだ・・・とわかって退職していく人たちも、

実際に今でもいらっしゃるようです。

 

未来塾の卒業生は、皆さん授業でこのようなことをたくさん聞いていますから、

すぐに退職した人はいません。

 

仕事はなんでも大変なもの

仕事、というのはどんな仕事でも、大変な部分はあります。

 

ただ、その大変な部分を苦痛に思う人、思わない人がいます。

 

ということは、同じ仕事をしていても、Aさんにとっては大変でも、

Bさんは大変だと思わない、という違いが出てきます。

当然、あまり大変だとは思わない、むしろ楽しい、と思える仕事の方が長く続く、ということです。

 

事例1

以前私どもにいらした生徒さんが、仕事内容を知るにつれて、

「私は毎日違う人と一緒に仕事をしたり、違う場所にいって仕事をしたり、

いざとなったら保安要員として自分がリーダーシップを取らないといけない仕事は無理だ」

と思われたようで、夢を諦められました。

 

この方は、客室乗務員はお客様のサポートをする仕事であり、

毎日同じメンバーで、楽しくお仕事をしていると思っていたようです。

でも、実際はそうではなかったということがわかった時に、

「自分は合格しても楽しくないかも」と思ったのかもしれません。

 

事例2

また、私が高校や大学の講演で、各地を飛び回っていた際に、知り合いの方に

「大変だねー」と言われたことがあります。

 

私は「???」と思いました。

 

何が大変なんだろう、むしろ私はいろんな

土地に行けて、そこで講演終了後観光までして帰ってこられる仕事に、

「なんて良い仕事なんだ」と思っていたからです。

 

 

でも「大変だね」と言った方は、毎日同じ場所で、それも自分の自宅から

近い勤務地に勤務することが楽だと思っている人だったのだと思います。

 

これが「向き不向き」なのです。

人によって感じ方が違うのです。

 

 

あなたが考えると良いのは、

「自分は何を苦痛と思わないのか」「何を苦痛と思うのか」

です。

 

 

あなたにとって大変ではない要素がたくさんある仕事を選べば、あなたはその仕事を長く続けるでしょう。

もちろん、客室乗務員に合格することも大変なのですけどね・・・

 

さて、あなたはどのように感じましたか?

 

ぜひ考えてみてくださいね。

 

 

CA,GS合格請負人

 

上野 博美

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>

サマーキャンペーン中!!

今お申し込みの方に、エアライングッズをプレゼント中です。

エアライン受験相談室(8月生)

https://miraischool.com/?page_id=3141

エアライン受験オンラインスクール

https://miraischool.com/?page_id=4549

これらは、7月10日から7月16日までサマーキャンペーン中です。

7月17日から通常料金に戻ります。

詳細は、LINEやブログでご覧ください。

質問集もサマーキャンペーン中

① 「JAL、ANA CA既出質問集&答え方のポイント」半額にて販売。

詳細はこちらからご覧いただけます。

https://miraischool.com/?page_id=4237

② ソラシドエア予想質問集と答え方のポイント販売開始

7月10日から販売開始いたします。

7月16日まで、通常価格の1000円オフです。

この期間にお求めください。限定30冊です。

詳細はこちらです。

https://miraischool.thebase.in/

「現在人気!!」

1,000円なんでも相談会

https://miraischool.com/?page_id=5596

エアラインセミナー2021 第2回

https://miraischool.com/?page_id=5573

未来ラボ

 

未来ラボ

 

接遇マナー研修や、社員研修のお問いあわせはこちらから

 

研修、講演ご依頼

 

LINE登録

 

LINE登録はこちらから

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら