「上品な話し方にグレードアップする簡単な方法」

CA,GS合格請負人の上野博美です。

このブログは、エアライン受験希望の方々に役立つ内容を、と思い毎日更新中です。

今日のテーマは、

「上品な話し方について」

です。

あなたが飛行機に乗った際、客室乗務員の方の話し方を

聞いていて、何か感じたことはありますか?

おそらく、ほとんどの方が「上品な感じ」

「丁寧な感じ」「大人な感じ」と思ったのではないかと

思います。

私も相当な数、あらゆる航空会社の飛行機に乗っていますが、ほとんどの場合(全てとは言いません)客室乗務員の方は、「お客様に丁寧にお話をしている」と感じます。

 

これは決して難しいことではありません。

ちょっとしたことで、あなたの話し方も「上品な話し方」

「丁寧な話し方」に変化していきます。

今日はあなたの話し方を、ワンランクグレードアップして欲しいと思います。

 

「上品な話し方にグレードアップする簡単な方法」

1  ゆっくり話す

2 相手の目をしっかり見て話す

3 言葉遣いを、「丁寧語」から「接遇用語」に変える

4 普段の声より、1音ほどあげて話す(よそ行きの声)

 

 

 

この4つに気をつけていただければ、あなたの話し方は、

あっという間に「上品な感じ」になります。

 

 

一つづつ詳しくお伝えします。

 

1 ゆっくり話す

これは、おそらく客室乗務員、5つ星ホテルのスタッフ、ブランドショップのスタッフ、デパートの店員の方も同じではないかと思います。

皆さん絶対に早口ではないと思います。

そして、動作もお客様が急いでいらっしゃる場合を

のぞいて、決してバタバタと急いでいる様子を見せないと

思います。

 

私もかなり早口の癖がありますが、お客様にお話をする際には、「少し遅すぎるんじゃないかな」と自分で心配になるくらいに、ゆっくりお話をするように心がけていました。

(完璧ではないと思いますが)

 

でも、音声のみでのやりとりですから、

ゆっくりくらいがちょうど良いと思います。

何よりゆっくり話すことで、お客様に安心感と大事にされていると言うことを感じていただけます。

 

 

もちろんお客様が大変お急ぎの様子だったり、

緊急事態は別です。

 

 

通常の接客の際には、または接客ではなくても電話対応や

社内で上司や先輩や取引先の方とお話をする際にも、

少しゆっくり目に話すと、「なんだか雰囲気が変わったね」

と思われます。

もちろん、良い方向にです。

 

ただし、何度も言いますが、「相手に合わせる」

つまり、相手の方が早口が好きなので有れば、それに合わせて少々早口でお話ししても良いと思います。

お話しする上で大事なこと

ただ、大事なことは伝わること。

早口で話して、「もう一回言って」と言われるくらいなら、

最初から通常の早さで話した方が良いですよね。

 

ゆっくり話す

今日から気をつけてみてください。

きっと「変わった」と思われますし、実は話している自分も

気持ちが落ち着いてきますよ。

 

 

明日は、2についてお伝えしますね。

 

最後に

現在、マナープロトコールの勉強をしています。

Twitterで自分の勉強のためにも、毎日一つづつ

マナープロトコールについてお伝えしていますので、

よろしければご覧くださいね。

airinemiraijuku

です。

CAGS合格請負人

上野 博美

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ブログに書かない、書けないことはこちらに

書いています。

LINE登録はこちらから

 

LINE登録はこちらから

ソラシドエア予想質問集と答え方のポイント販売中

詳細はこちらです。

https://miraischool.thebase.in/

現在人気です。

1,000 何でも相談会

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら