臨機応変の意味

CA,GS合格請負人の上野博美です。

このブログは、エアライン受験希望の方々に役立つ内容を、と思い毎日更新中です。

今日のテーマは、

 

「臨機応変の意味」

 

です。

 

客室乗務員にとって、臨機応変さはとても大事な適性の一つです。

生徒さんたちも、この適性を高めるために努力された方々はとても多いです。

つまり

「臨機応変に対応できる人が、減っている」のだと感じています。

その理由は

「失敗したくない人が増えたから」

もちろん、私たちの世代も誰も失敗したいとは思っていませんでした。

 

でも、「初めてのことは失敗して当たり前だよね」と言う空気感は

あったので、今ほどは失敗を極端に恐れる人は少なかったように思います。

 

「失敗経験が少ない人」は、「臨機応変に対応できない人が多い」と

私は思っています。

 

では、そもそも臨機応変な対応とはどのようなものなのか?について

今日はお伝えしていきます。

 

「臨機応変の意味」

1つがうまくいかなくても、他の方法で切り抜けること

 

 

だと、私は思っています。

 

 

客室乗務員の仕事はもちろんですが、仕事ってみんなそうですよね。

 

 

・方法は1つではない

 

・正解も1つではない

 

 

いつも生徒さん達にそう言い続けています。

でも、どうしても一つの方法だけしかない、と思ってしまう。

そして正解も一つしかないと思ってしまうのです。

それはおそらく学校の勉強の影響だと思います。

 

 

数学の答えは1つかもしれない。

 

 

でも、社会での答えは1つではない。

 

 

もちろん決断を求められたら、1つを選ばないといけませんが、

それがうまくいかなければ、

また別の答えや選択肢を思いつくかどうか、が大事です。

サービスの現場で

お客様に、あなたが提案をしたとして、あなたは絶対に良い方法だと思っていたけど、

お客様はそれは嫌だ、と断ってきたとしたら・・・

別の提案がすぐに思いつきますか?

 

お客様に多くの選択肢を念頭に置いて接客できる人と、

1つの提案しかできない人と、どちらに接客してほしいですか?

プロの客室乗務員、できる客室乗務員は、多くの選択肢をお客様に

提案できる人だと思っています。

 

 

ただし、保安要員としては答えはひとつです。

そのたった一つの答えを、お客様が拒否される場合もあります。

だからこそ、その答え、お願いを、

「決まりですから」

とか

「守ってもらわないと困ります」

「他のお客様のご迷惑になりますから」

と言わないで、どうしたらすんなりとお客様に受け入れて頂けるか、がサービスの分野です。

そこが客室乗務員の腕の見せ所ですね。

 

いずれにしても、臨機応変さは客室乗務員にとって、とても大事な適性です。

面接でも、この点は見られていると思ってくださいね。

 

私も仕事で臨機応変さ、忘れないようにしようと思います。

 

お知らせ

・「スーツ選びに同行する」パーソナルスタイリング、

・「ワンランクアップする」マナーセミナーの受付開始しました。

ご興味がある方はこちらからどうぞ。

 

ワンランクアップマナーセミナー

 

パーソナルスタイリングお買い物同行

 

9月9日20時からインスタライブを開催します。

「英語の勉強について」

インスタグラム

https://www.instagram.com/invites/contact/?i=1tnboejrkt3tm&utm_content=hoxamyv

顔出しはしないかもしれませんが、ご質問も受け付けますので、

どうぞお気軽にご参加ください。

 

 

CA,GS合格請負人

上野 博美

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ブログに書かない、書けないことは

こちらで書いています

LINE登録はこちらから

 

LINE登録はこちらから

インスタグラム

https://www.instagram.com/invites/contact/?i=1tnboejrkt3tm&utm_content=hoxamyv

Twitter

@airinemiraijuku

現在申し込み受付中です

CA合格講座

https://miraischool.com/?page_id=5771

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら