最終試験で見られていること

エアラインスクール未来塾、CA、GS合格請負人の上野博美です。

このブログでは、日々エアライン受験希望の方々に向けた情報発信をしています。

今日のテーマは、

「最終試験で見られていること」

です。

 

「最終試験」というキーワードでたくさんのブログを書いてきました。

最後に挙げておきますので、よろしければ参考になさってくださいね。

 

一次、二次と試験で見られていることをお届けしてきました。

一応、3次試験まであると想定しての「最終試験」です。

最近のエアラインは6次試験くらいまで実施しているようですので、

もしそうでしたらその一番最後の試験、と思っていただけたら、と思います。

最終試験の通過率

その前に、最終試験の通過率についておおよそお伝えしておきます。

・大手の場合  30%から50%  3人か2人に1人の合格率

・リージョナル、LCCの場合  10%から20% 10人に1人か2人の合格率

です。

 

会社によっても、採用数によっても違いはありますが、ほぼこのくらいです。

「え、意外と合格できないんだ」

と思われたのではないでしょうか?

 

そうなんです。

 

最終試験も実はかなりの難関です。

 

「最終試験まで行けば、もう大丈夫」

と思う人はかなり多いと思います。

 

他の業界では、「最終試験は意思確認」と言われているところもあるからだと思います。

しかし、エアライン業界は、最終試験が一番難しいのです。

では、何を見られていて、どうしたら通過できるのか?

についてお届けします。

 

「最終試験で見られていること」

3つお伝えします。

1 必要な能力

2 航空身体検査結果

3 適性並びに自社に合っているかどうか

です。

 

1次より、2次、2次より最終の方が、私がお伝えしていることも増えています。

段階が上がれば、試験は難しくなるのが当たり前のエアライン業界です。

 

「でもどんどん人数が減るから、もっと簡単だと思っていた」

と思っている方もいるかもしれません。

 

確かに人数は減っていきます。

 

しかし、「少数精鋭」になっていくだけ、です。

つまり、選ばれた人だけが残っている試験が、最終試験なのです。

全体のレベルはどんどん上がっていきます。

だからこそ難しくなるのです。

1つづつ説明していきます。

 

1 必要な能力

→サービス要員と保安要員に必要な能力です。

サービス要員→語学力、問題解決能力をはじめとする考える力、臨機応変さ、

観察力、気づき力、など

保安要員→決断力、リーダーシップ、協調性など

です。

 

あくまでも「能力」の点を書いていますが、適性や性格については

1次、2次試験についてのブログでご紹介していますので、それらも

合わせてご覧ください。

 

これらを確認するための質問を、面接官はどんどんしてきます。

普通の会話のようにして聞いてくることもかなり多いので、

気付いたら面接が終わっていた、と感じる人も多いと思います。

2 航空身体検査結果

通常の健康診断とは違う部分がかなりあります。

通常は、身長、体重、レントゲン、採血、尿検査くらいです。

それに加えて、聴力検査、耳鼻咽喉科検査、腰部レントゲン、視力検査、などが加わります。

そして、通常の健康診断と違うのは、「航空身体検査の結果次第で、合否に関わる」ことです。

詳しくは書けませんが、航空身体検査で再検査をしてもらえない項目もあるので、

それがダメだった場合は不合格となります。

 

3 適性並びに自社に合っているかどうか

これを確認していることは、本当に感じます。

面接としては何の問題もなかったのに、不合格になるケースです。

自社に合わないと判断された部分が明確にわかるケースも、もちろんあります。

生徒さんたちからの報告書を見ていて、「ここが面接官から、うちの会社には

ちょっと合わないと判断されたな」と感じたことは、実際にあります。

そして、その行動自体も決して間違ってはいないし、悪いことはしていないのですが、

その会社の社員の人たちのほとんどは、そのような行動をしない、というものです。

(曖昧で申し訳ないですが、セミナーなどでお話させていただきますね)

 

そのエアラインがどのような人を求めているのか、を事前に知ることはなかなか難しいです。

ましてや受験者本人はほとんどわからないと思います。

 

私たちエアラインスクールで教えている人たちは、ある程度は分かっていますので

お伝えしますが、ふとしたことでご本人の性格が出てしまうこともあります。

その場合、次の試験で頑張っていただいて実際に合格したケースはたくさんあります。

ただ、求める人材像も数年単位で変化する、ということも知っておく必要があります。

だからこそ、私は面接官の質問を見ることによって、その傾向を分析しています。

(これが、大好きなんですけどね。笑)

 

「最終試験通過する人の特徴」

 

については、こちらのブログでご紹介していますので、ぜひ参考になさって

くださいね。

 

「最終試験通過者が必ず持っている力」

 

「最終試験突破のポイント」

 

最後に

最終試験に行く方は、そこまでは自力で通過できたとしても、

最終試験前には一度はプロの面接練習を受けることをお勧めします。

プロとは、ちゃんとお金を払って受講すること

エアライン業界、その会社を熟知している人のレッスンのことです。

(現役客室乗務員の方は、客室乗務員のプロであって、エアライン受験指導のプロでは

ありません)

 

なぜこんなことを言うのか、というと、

「最終試験で残念な結果になった人たち」の話を聞いていて、

「もったいない」と心から思うからです。

「私のレッスンを受けていたら・・・」

と思ったこと、そしてご本人に言ったことは何度もあります。

 

最終試験に行く、ということは合格は目の前にある、ということです。

しかし、最終試験を落ちてしまうと、当然ですがまた1からのやり直しです。

そうしているうちに、今回のコロナになってしまった・・・という方も少なくないはずです。

そんな後悔はして欲しくないな、と思っています。

 

最終試験は、一番難しい試験だから、一番大事にして欲しい

私は心からそう思っています。

 

次のブログも参考になさってくださいね。

二次、最終試験でよく聞かれている質問

https://miraischool.com/?p=100

最終試験で落ちる理由

https://miraischool.com/?p=147

一次試験と二次、最終試験との違い

https://miraischool.com/?p=2609

 

 

CA、GS合格請負人

上野 博美

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

エアラインスクール未来塾ホームページ

https://miraischool.com

ブログに書かない、書けないことは

こちらで書いています

LINE登録はこちら

YouTube

 

CA受験必勝チャンネル

 

現在販売中

CA受験希望者のタイプ診断

現在お申し込み受付中

本気で合格したい人だけに受講していただきたい

マンツーマンレッスンコース

https://miraischool.com/privatelesson.html 

先生、上司、保護者の方々に読んでいただきたいメルマガ

先生の勉強会

https://miraischool.com/?page_id=5832

 

インスタグラム

 

https://www.instagram.com/invites/contact/?i=1tnboejrkt3tm&utm_content=hoxamyv

 

 

Twitter

 

@airinemiraijuku

Follow me!

絶対CA・GSになりたいあなたへ。合格の秘訣LINE@はこちら